性被害から子どもを守ろう

「子どもが喜んでいる」性犯罪者が抱える“認知のゆがみ”は治せるのか

「子どもが喜んでいる」性犯罪者が抱える“認知のゆがみ”は治せるのか

島田彩夏
国内
「私は12、3歳で子供へのわいせつ行為を始めた。そして段々・・・」ある小児性犯罪者の“加害”の告白

「私は12、3歳で子供へのわいせつ行為を始めた。そして段々・・・」ある小児性犯罪者の“加害”の告白

島田彩夏
国内
キッズライン未届けシッター問題なぜ起きた~マッチング型届出の重み「見知らぬ人に預けるのと一緒」どう避ける?

キッズライン未届けシッター問題なぜ起きた~マッチング型届出の重み「見知らぬ人に預けるのと一緒」どう避ける?

池田百花
国内

"13歳"は責任を持って正しく「性交」を判断できる年齢だろうか 法務大臣に聞いた

島田彩夏
国内
多様な人材を教育界に呼び込むためにも「わいせつ教師を教壇に立たせない」法改正が必要だ

多様な人材を教育界に呼び込むためにも「わいせつ教師を教壇に立たせない」法改正が必要だ

鈴木款
国内
教師の性暴力が“治外法権”の日本 『子ども法』で性犯罪歴をデータ化したイギリスの例から考える

教師の性暴力が“治外法権”の日本 『子ども法』で性犯罪歴をデータ化したイギリスの例から考える

鈴木款
国内
「抵抗しない=同意した」ではない!子どもの性被害に泣き寝入りしないために

「抵抗しない=同意した」ではない!子どもの性被害に泣き寝入りしないために

島田彩夏
国内
小6女児の手記が語る教師によるわいせつ被害の”後遺症”

小6女児の手記が語る教師によるわいせつ被害の”後遺症”

鈴木款
国内
性暴力を受けた少女は「交際」と信じた 教師のわいせつはなぜ裁かれなかったか

性暴力を受けた少女は「交際」と信じた 教師のわいせつはなぜ裁かれなかったか

島田彩夏
国内
「わいせつ教員を二度と教壇に立たせない」5万超の保護者らの声に文科省はどう応えるか

「わいせつ教員を二度と教壇に立たせない」5万超の保護者らの声に文科省はどう応えるか

鈴木款
国内
キッズラインの経沢香保子社長に聞く 「安価・手軽さ」と「安全性」は両立可能か【後編】

キッズラインの経沢香保子社長に聞く 「安価・手軽さ」と「安全性」は両立可能か【後編】

島田彩夏
国内
わいせつシッター相次いだキッズライン なぜ社長は沈黙し続けたのか?【前編】

わいせつシッター相次いだキッズライン なぜ社長は沈黙し続けたのか?【前編】

島田彩夏
国内
「わいせつ教員の情報検索40年可能」でも子どもたちは守れない 教員免許法の改正を

「わいせつ教員の情報検索40年可能」でも子どもたちは守れない 教員免許法の改正を

鈴木款
国内
性犯罪根絶に取り組んできた佐々木さやか文科政務官に聞く「わいせつ教員への厳格化は進んでいるのか」

性犯罪根絶に取り組んできた佐々木さやか文科政務官に聞く「わいせつ教員への厳格化は進んでいるのか」

鈴木款
国内
わいせつ教員に再び免許を与えてはいけない 専門家が語る再発防止治療の難しさ

わいせつ教員に再び免許を与えてはいけない 専門家が語る再発防止治療の難しさ

鈴木款
国内
「わいせつ教員の免許再取得を5年に延長」案に異論…文科省は一体何を守ろうとしているのか

「わいせつ教員の免許再取得を5年に延長」案に異論…文科省は一体何を守ろうとしているのか

鈴木款
国内
わいせつ・セクハラ教員をなぜ学校から追放できないのか

わいせつ・セクハラ教員をなぜ学校から追放できないのか

鈴木款
国内
「教員による児童生徒への性暴力」被害者による実態調査でわかったいくつかの傾向とは

「教員による児童生徒への性暴力」被害者による実態調査でわかったいくつかの傾向とは

鈴木款
国内
保育現場からの“男性排除”で性犯罪は防げるのか キッズラインの判断を受けて考える

保育現場からの“男性排除”で性犯罪は防げるのか キッズラインの判断を受けて考える

島田彩夏
国内
子どもの性被害を防ぐため「犯罪歴ナシ証明」義務化はあり得るか

子どもの性被害を防ぐため「犯罪歴ナシ証明」義務化はあり得るか

島田彩夏
国内
  • 1
  • 2
×