安らかな旅立ちへ・・・「望まぬ患者に蘇生活動をしない」救急隊の新運用スタート

東京消防庁が始める新たな運用 東京消防庁は12月16日から、末期がんなど人生の終末期にあり延命治療を望まない患者に対して、医師の指示などがあれば救急隊が心肺蘇生や搬送を行わない、新しい運用を始める。すでに自治体によっ...

山﨑康平
カテゴリ:国内

どこに住む?“災害大国”の家選び