Live
プライムニュース『自民党総裁選あす開票 “直前情勢”徹底検証 ベテラン記者が票読み』【ライブ】
コロナ禍で増加する“予期せぬ妊娠”…「沈黙や曖昧な返事はイエスじゃない」性教育の必要性を訴える女子大学生【北海道発】
性被害から子どもを守ろう

コロナ禍で増加する“予期せぬ妊娠”…「沈黙や曖昧な返事はイエスじゃない」性教育の必要性を訴える女子大学生【北海道発】

北海道文化放送
北海道文化放送
国内

コロナ禍で少女たちの居場所が無くなり、SNSを通じて出会った男性の子どもを妊娠することが増えている。子どもたちが傷つくことがないように、性教育の改善を訴える大学生を取材した。

「性的同意」の大切さを知ってほしい

札幌市に住む10代後半の少女。

この記事の画像(23枚)

SNSで出会った男性の子どもを妊娠した。コロナ禍でステイホームが求められていたが、家族との関係が悪く、家にいることができなかった。

厚生労働省によると、2020年3月~9月の妊娠に関する相談件数は7322件と、前年同期に比べ425件増えるなど、予期せぬ妊娠をする女性は増えている。

そうした中、性に関する科学的に正しい知識をもってほしいと活動する大学生がいる。北海道教育大学旭川校の学生、宮坂舞花さん(23)。

この日は、宮坂さんが立ち上げた性教育学生団体「パレット」のメンバーと共に、新入生に向け、避妊具や性教育のパンフレットなどを配った。

特に、性的な行為の前に相手から明確な了解を得る「性的同意」の大切さを知ってもらいたいと考えていた。

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
自分の身を守る、自分の大切な人を傷つけないための知識や具体的な方法を伝えたくて(この)キット配りをはじめました

また、将来自分が教員になった際、正しい性の知識をもって子どもたちに接してほしいと感じている。

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
きちんとした知識を大人側が持っていないと、子どもたちに正しい知識を伴って接することもできないし、子どもたちに正しい知識も伝えられない

活動のきっかけは2020年。留学先のノルウェーでの経験だった。

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
自分が受けてきた性教育や知識や価値観が、周りの学生たちと全然違うなと。すごく自分とのギャップを感じましたし、彼らは自分が選び取れる避妊法をいくつも知っているし、ライフスタイルや性格に合わせて選び取れている

国が定めた中学の学習指導要領では、妊娠の経過を「取り扱わないものとする」とされている。そのため中学校までの授業では、性交や避妊などについて教えないことになっている。

自分と相手を守るために…「性教育授業」高校生の受け止めは

宮坂さんが6月に行った、旭川市内の高校での出前授業。

授業で教えられる知識だけでなく、どうしたら自分や相手を傷つけずにいられるか、それぞれに考えてもらい、自由に発言してもらうことにした。

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
性欲っていいもの?悪いものどっちだろう?自分勝手にならないために、何ができるかな。

高校生:
相手の意見も取り入れる、嫌なことは嫌って言う

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
言わないとわからないよね。察してっていうのも限界があるよね

高校生:
避妊する。無理強いしない

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
確かにね。1人ですることじゃないからね

そして、性的同意の大切さも伝えている。

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
沈黙の返事や曖昧な返事は、イエスじゃありません

女子高校生:
相手のことを気遣うとか、いろんなところに配慮して、自分の身体を自分で守るというところが一番印象に残りました

男子高校生:
性に対する認識の仕方、男性と女性で意識の持ち方に違いがあることを知りました

正しい性の知識を持つことは、人権を守ることと同じ

一方、コロナ禍は性教育だけでは十分でないことを浮き彫りにした。休校で居場所を失った少女が、性被害にあうケースがあった。 

札幌に住む10代後半の学生、みのりさん(仮名)。

みのりさん(仮名):
(家族に)存在を否定するような言葉を言われたり、すごく大声で怒鳴られたりした

コロナ禍で学校も休校となり、友人に相談することもできなくなった。SNSで気持ちを発信するとたくさんの男性から連絡があり、会ってみることにした。

みのりさん(仮名):
男の人はその時だけかもしれないけど、私に優しくしてくれるし、私の今の状況や嫌なことを誰かに聞いてもらえるだけでよかった

その後、SNSを通じて出会った男性の子どもを妊娠していることがわかった。

支援者につながり居場所を見つけることができたが、出産後の生活に不安も感じている。

みのりさん(仮名):
私と赤ちゃん2人だけだから、そのあとの赤ちゃんのお世話とか、初めてだし結構大変そうだと思っている

性教育の改善を訴えている宮坂さん。地元・北海道旭川市で若い女性の支援を行う団体の活動にも参加している。

団体ではクラウドファンディングで資金を集め、困難を抱えた女性たちが宿泊できる新しい居場所を作った。

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
教育は予防ですけど、今まさに困っている人たちの手助けをしたいなと思っていました

予期せぬ妊娠に悩んだり、不確かな情報に惑わされることがないように。宮坂さんは、正しい性の知識を持つことは人権を守ることと同じだと考えている。

性教育学生団体「Palette」代表 宮坂舞花さん:
(性の情報は)はしたないとか行き過ぎたというものではなく、思い描くライフプランを適切に実行していくために不可欠な知識、自分らしく生きていくために必要な教育。だからこそ、性教育は人権の教育だと思います

文科省は2021年4月、幼児期から大学生まで年齢ごとに性について学べる教材を公表した。また、妊娠に悩んでいる方たちへの電話相談もある。

 ・円ブリオ北海道:011-702-2622
 ・にんしんSOSさっぽろ:080-4621-7722(LINE・メールも対応)

(北海道文化放送)

北海道のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

性被害から子どもを守ろうの他の記事

【解説】「わいせつ教員根絶に反対意見は無かった」二度と教壇に…

【解説】「わいせつ教員根絶に反対意見は無かった」二度と教壇に…

国内
わいせつ教員排除へ「日本版DBS」の可能性と縦割りの壁 子ども…

わいせつ教員排除へ「日本版DBS」の可能性と縦割りの壁 子ども…

国内
楽しいお泊まりのはずが…小学生の娘が友達の親からわいせつ被害…

楽しいお泊まりのはずが…小学生の娘が友達の親からわいせつ被害…

国内
日本には『児童生徒へわいせつな行為を禁ずる』と明示された法律…

日本には『児童生徒へわいせつな行為を禁ずる』と明示された法律…

国内
「子どもが喜んでいる」性犯罪者が抱える“認知のゆがみ”は治せ…

「子どもが喜んでいる」性犯罪者が抱える“認知のゆがみ”は治せ…

国内
「私は12、3歳で子供へのわいせつ行為を始めた。そして段々・・…

「私は12、3歳で子供へのわいせつ行為を始めた。そして段々・・…

国内
一覧ページへ
×