3月23日からフランス・モンペリエで開幕する世界選手権。

開幕を直前に控えた公式練習で、アイスダンスの曲をかけて入念な練習を行った村元哉中・髙橋大輔組。

練習後のインタビューでは、トップ選手が集まる世界選手権を楽しんでいること、シーズン最後の大会への意気込みや思いについて語った。

【髙橋大輔】「ここで戦う」と思うとワクワクする

この記事の画像(5枚)

――世界選手権のメインリンクでの初練習はいかがでしたか?

(お互い笑いあって)

髙橋:
最初入って会場を見たときに、会場の雰囲気というか空間がすごく素敵で。良い雰囲気でできそうだなというのが第一印象。氷に乗った瞬間は、氷が硬くて、久しぶりの感じで。

村元:
感触つかむのに少し時間がかかった感じはします。

髙橋:
(公式練習で)1番滑走だったので、ゆっくりと感触を確かめる間もなく曲かけに入っていったので。曲をかけ終わった後にゆっくり調整したんですけど、初日の1回目としてはいいスタートが切れた。

――村元さんは4年ぶり、髙橋さんは9年ぶりの世界選手権、雰囲気はいかがですか。
村元:

いつもの試合って言う感じ。世界のトップのチームが集まるので、世界との戦いは実感していますが、自分たちの演技に集中するだけ。でも、“ワクワクする”というか、本当に“世界と戦える”というのですごく楽しみです。

髙橋:
僕はもう初めて感が(笑)。世界選手権は世界選手権なんですけど、カテゴリーもメンバーも違いますし、アイスダンスで今トップの選手たちがいると初心じゃないですけど、ワクワクみたいな感じで。

村元:
ファンになっちゃうよね。

髙橋:
舞い上がらないように、上げ切らないように気持ちを落ち着かせて。でも、「ここで戦うんだ」と思うとワクワクする。

【村元哉中】リズムダンスを「パーフェクト」に

ーー四大陸選手権以降はどんな練習をしてきましたか?
髙橋:

リフトの修正や細かい部分や振付を変えてみたり、大きい変更はあまりしていません。

村元:
フリーはリフトを1つだけ新しく変えました。3週間しかなかったので、新しくするのはどうかなと思ったんですけど、すごい良い感じになりました。

ーー変えた理由は何でしょう。
村元:

ローテーショナルリフトがあまり見栄えとGOEが取れないので。

髙橋:
大きいカップルじゃないので、大きくみえる、派手に見えるのが少ないなという印象がみんなの中にあって変更してみました。

ーー北京オリンピックは見ましたか?いかがでしたか。
髙橋:

トップ10を目標にしてきましたけど、トップ10の壁はすごいんだなと改めて実感して、目標は高く掲げていないといけないと思うので、ただオリンピックを見てさらに気が引き締まった。

村元:
一緒ですね。久しぶりにみんなの演技を見て、第1グループから見たんですけど、改めてアイスダンスっていいなと思いました。日本の団体もメダル取れたので鳥肌立ちましたし、シングルもいろんな意味でいい刺激を受けた。

 

ーー世界選手権、どんな演技をしたいですか。
髙橋:

まずはリズムダンスでパーフェクトな演技。それだけを考えて、フリーダンスにいけるかいけないかはありますけど、リズムダンスが一番大事なので完璧を目指してやっていきたい。

村元:
全く一緒です。とにかくリズムダンスをパーフェクトにする。クリアしたら次って感じです。

村元・髙橋:
まずはリズムダンスです!

「超進化」を目標に走り続けてきた2人が、村元・髙橋組としては初めてとなる世界選手権に挑む。

世界フィギュアスケート選手権
フジテレビ系列で3月23日(水)から4夜連続生中継(一部地域を除く)
https://www.fujitv.co.jp/sports/skate/world/index.html