どこがツボに入っちゃったの!?息子さん“爆笑”のあやし方

ちょっとしたことでご機嫌ナナメになってしまう子どもたち。
特に、まだ言葉が通じない赤ちゃんにニコニコ笑ってもらうためにはテクニックが必要なものだが…インスタグラムに「100%爆笑してくれる」と投稿された、とあるパパのあやし方が話題になっている。

あやし方絶対間違えてる
最近、オムツ叩きつけたら100%爆笑してくれる。赤ちゃんのあやし方として絶対間違えてると思うけど、一回試してみて欲しい笑

投稿したのは、フォトグラファーで“新米お父さん”の滝沢たきお(@takio_takizawa)さん。

生後8カ月だという息子さんに新しいオムツを差し出して「オムツ交換の時間だよ!」と話しかける滝沢さんだが…次の瞬間、オムツを勢いよく床に叩きつけた!

オムツを床にバシーン!
この記事の画像(11枚)

まるでめんこのように「バシン!」と良い音を立てるオムツに、赤ちゃんはびっくりしてしまうのでは、と思ってしまうが、叩きつけられたオムツを前に息子さんは満面の笑顔

そして「オムツ替えな!」と大きな声を出したお父さんを見つめて、ご機嫌な笑い声をあげた。さらに、もう一度叩きつけても爆笑が続く。

そしてこの笑顔!

確かに個性的だが、息子さんのご機嫌っぷりを見る限りでは、おそらく“大正解”なのではと思えるこの「絶対間違えてるあやし方」。

「勢いがすごい!」「最初びっくりでしたが、笑顔に溢れてて笑っちゃいました」などのコメントが寄せられる人気となったが、「私もやってました まさか同じ人がいるとは!」と同じやり方をしている人まで現れた。
それにしても一体どんなきっかけで編み出されたワザなのか気になる……さっそく、滝沢さんにお話を聞いてみた。

「パパの笑い声」に笑っちゃう?

――息子さんはどんな子ども?

食べることが大好きで、今のところ嫌いなものはありません。人見知りは全くなく、レジのお姉さんや散歩中の犬にもニコニコ笑いかけます。


――どんなきっかけでこのあやし方にたどり着いたの?

オムツを交換する際、ふざけてオムツを床に叩きつけたところ、息子がゲラゲラ笑ってくれました。

――どんなところが息子さんのツボに入ったのだと思う?

物が落下すること、大きな音、僕の笑い声だと思います。


――奥さんはこのあやし方について、どう思っている?

奥さんもオムツ叩きつけにトライしましたが、うまく音が鳴らず息子は笑ってくれませんでした。

お父さんの“おふざけ”から始まったというこのあやし方。
「物が落ちる」「音がする」という目と耳への刺激が息子さんの笑顔を誘っているようだが、もうひとつ重要なのが、お父さんの笑い声!

動画には、息子さんの“爆笑”につられて笑ってしまう、滝沢さんと動画を撮影していた奥さんの声も収められていたが、この「パパとママの笑い声」が息子さんにとって、さらに楽しさを倍増させてくれる大切なポイントになっているのだろう。

今は「指ぺろぺろ」がブーム?

そんな息子さん“大ウケ”のあやし方だが、実はもう使われなくなってしまったという。


――今もこのあやし方は「100%爆笑」?他にはどんなあやし方が人気?

今はもう使ってません。
今一番ウケるのは、息子の指をぺろぺろ舐めることです。


2021年3月生まれの息子さんは、現在生後11カ月。
“大ウケ”だった「オムツ叩きつけ」はこの3カ月の間に使われなくなってしまったということで、今は「指をなめる」というこれも個性的なあやし方が息子さんの心をつかんでいるそうだ。

お父さんと目を合わせてニコニコの息子さんをもう一度…

ちなみに「オムツ叩きつけ」が注目されたことは奥さんも知っているということで、以前にも“バズ”の経験があることから「またバズってる!」との反応だったそうだ。

その勢いに思わず驚いてしまう個性派なあやし方だが、そのあとの家族の笑い声にほっこりする一幕。
日々変わっていく子どもたちの笑いのブームと戦っているパパママは、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。意外にも「100%爆笑」がさらえるかもしれない。

プライムオンライン編集部
プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。

メディア
記事 4547