この記事の画像(26枚)

フジテレビのスポーツニュース番組「S-PARK」では、毎年プロ野球選手100人に独自の調査を行い、打撃や投球など各部門のスペシャリストを選出してきた。

2021年は「守備」「バットコントロール」「スピードボール」「パワーヒッター」「走塁」「変化球」の部門で調査、第1弾はナンバー1守備職人を選ぶ。

実はこの守備部門、2014年から広島・菊池涼介内野手が5回、西武・源田壮亮内野手は2回と、この2人でナンバー1を分け合う結果に。源田の連覇か?菊池のタイトル奪還か?今年の1位は果たして?

2021守備部門・第5位

まず第5位(5票)にランクインしたのはオリックス・宗佑磨内野手。
今季は外野手から三塁にコンバートされ、ホットコーナーを守り続けた。刺殺数91、捕殺数200は三塁手でトップ、初のゴールデングラブ賞も受賞、投票したチームメートも驚きを隠せない。

「今年、三遊間を組むことが多かったんですけど肩もすごいですし守備範囲がえげつない。バッターによって守備位置を変えたり、試合中に周りが見えていて声をかけてくれる」
(オリックス・紅林弘太郎内野手)

第4位の前に…第6位~12位

第6位(3票)にはヤクルト・山田哲人内野手、巨人・坂本勇人内野手、DeNA・桑原将志外野手の3人が選ばれた。

第9位(2票)はソフトバンク・牧原大成内野手、阪神・梅野隆太郎捕手、巨人・吉川尚輝内野手。

第12位(1票)はオリックス・安達了一内野手、日本ハム・五十幡亮汰外野手、巨人・中田翔内野手、中日・ビシエド内野手、ロッテ・岡大海外野手、阪神・近本光司外野手、巨人・岡本和真内野手となった。

2021守備部門・第4位

続いて第4位(9票)には、楽天の辰己涼介外野手が選ばれた。

プロ3年目の今季は自己最多となる130試合に出場、持ち前の走力を活かした広い守備範囲で幾度もピンチを救い、今季初のゴールデングラブ賞にも輝いた。

「それ捕る!?みたいな守備」
(オリックス・山本由伸投手)

「守備範囲の広さに限らず肩の強さもある。すべてにおいて一級品だと思います」
(楽天・早川隆久投手)

2021守備部門・第3位

続いて第3位(10票)は、ロッテのエチェバリア内野手がランクインした。

来日1年目からダイナミックな守備でファンを魅了し、メジャー時代から“鳥人”と呼ばれていた人間離れした身体能力で好プレーを連発した。

垂直飛びで150センチの台に飛び乗るエチェバリア

驚きべきは規格外の跳躍力だ。
チームが専門器具を使ってジャンプ力を測ったところ、最高到達地点は315センチ。バスケットボールでダンクが余裕にできる高さだった。

「いつ見ても素晴らしい」
(阪神・近本光司外野手)

「日本人にはできないような守備をしている」
(ロッテ・中村奨吾内野手)

2021守備部門・番外編

第2位の発表の前に「番外編」を紹介する。
広島・菊池と西武・源田の名手2人に“ナンバー1守備職人”をそれぞれ聞いた。

源田が選んだのは…

「僕はずっとオリックスの安達了一さんですね。やっぱり安定感ありますし、技術的にもすごくうまいなって思いながらいつも見てました」

菊池が選んだのは…

「僕は中田翔ですかね。ハンドリングがめちゃくちゃうまいし、体からは想像できないぐらい機敏な動きもできるので。セ・リーグで今まで見てきたファーストの中で一番うまいなって感じます」

2021守備部門・第2位

いよいよ2位の発表!
第2位(26票)は、広島の菊池涼介内野手が選ばれた。

昨季は二塁手として史上初の守備率10割を記録した希代の名手は今季も失策数5、守備率9割9分1厘と堅実かつ広い守備範囲でアグレッシブなプレーを披露。わずか2票差でタイトルを明け渡す結果となった。

「知らない間にそこにいる」
(中日・福留孝介外野手)

「身のこなしはすごい」
(ソフトバンク・松田宣浩内野手)

「忍者みたいな守備」
(阪神・糸原健斗内野手)

2021守備部門・第1位

そしていよいよ今年のナンバー1!
ライバル菊池を抑え28票を獲得、2年ぶりのナンバー1に輝いたのは西武・源田壮亮内野手だ。

ショートでの刺殺数200、捕殺数337、併殺数85はリーグトップ。その高い守備力で、セ・リーグの選手からも多くの支持を得た。

「やっぱりレベルが高いなと」
(ヤクルト・山田哲人内野手)

「何回でも見ていたい」
(ロッテ・荻野貴司外野手)

「見とれてしまいます」
(オリックス・宮城大弥投手)

「たまらないっすね」
(オリックス・杉本裕太郎外野手)

足の運びだったりスローイング。肩はすごい強い選手ではないと思うんですけど早くボールを離すために足の運びを意識していて抜群に上手いですね。華麗とはああいうことを言うんじゃないですか」(巨人・坂本勇人内野手)

歴代最高のショートは…

巨人・坂本も唸る源田の「足運び」とは?
西武で歴代最高のショートと呼ばれた内野手初のメジャーリーガー松井稼頭央ヘッドコーチはそのすごさをこう明かす。

無駄な動きがない。僕だったら(捕球して)このまま投げちゃうんですけど、(源田は)小刻みに踏ん張ってそこから投げている。自然に行っている動きの中で全身を使うからあれだけ強いボールが投げられる。源田のような動きは僕には出来ないかなぁ」

「上半身の強さ」を生かした松井コーチの守備に対し、源田は「細やかな足運びで無駄のない」守備を可能にしていた。

2年ぶりナンバー1「めっちゃ嬉しい」

2年ぶりの守備ナンバー1に返り咲き「めっちゃ嬉しいです。評価してもらえて選んでもらえて光栄です」と喜びを隠せない源田。

歴代最高のショートも認めた源田の守備はやっぱりすごかった。

S-PARK恒例企画「プロ野球100人分の1位」、11日(土)には「スピードボール」ナンバー1を、12日(日)には「パワーヒッター」ナンバー1を決定する。

スピードボール1位は?パワーヒッター1位は?珍プレー好プレーは?

「S-PARK」
12月11日(土)
プロ野球SP企画
「100人分の1位・スピードボール編」
12月12日(日)
プロ野球SP企画
「100人分の1位・パワーヒッター編」

中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2021
12月12日(日)夜8時放送