パキスタン人シェフが腕振るう 菅平で“カレーフェス”初開催 マトンに豆と牛すじ…4種のカレーは大好評【長野発】
withコロナ時代の地元ビジネス

パキスタン人シェフが腕振るう 菅平で“カレーフェス”初開催 マトンに豆と牛すじ…4種のカレーは大好評【長野発】

長野放送
長野放送
地域

パキスタン人シェフ自慢のカレーを味わうイベントが、長野県上田市菅平高原で開催された。新型コロナウイルスの影響を受ける観光のてこ入れと、「パキスタンとの縁」が背景にある。

なぜ菅平高原にはパキスタン人が多い?

この記事の画像(16枚)

菅平高原のスキー場。11月6日、ゲレンデ脇の食堂に長蛇の列ができていた。お目当てはカレーだ。

菅平カレーフェスで提供されたパキスタンカレー

訪れた人:
本場のカレーでめっちゃうまい

菅平高原観光協会が初めて開催したカレーフェス。腕を振るったのはパキスタン人シェフだ。菅平の魅力の一つに「パキスタンカレー」を加えようと開催された。

菅平高原観光協会・宮下透副理事長:
菅平ではパキスタン人の方が、ホテルの方でたくさん働いている。そういうことを知らなかった

長野県のまとめでは、2020年の時点で県内に住むパキスタン人は300人。そのうち最も多いのが上田市で89人だ。菅平に近い須坂市にも35人が住んでいる(1位:上田市89人、2位:須坂市35人、3位:長野市34人)。

ナンを手際よく焼くのは、パキスタン人シェフのクシュ・ムラドゥさん。

パキスタン人シェフのクシュ・ムラドゥさん

2005年、愛知万博のパキスタンレストランの料理長として来日し、その後も大阪のレストランなどで活躍した。知り合いの紹介で2010年から菅平のホテルで働いている。

当初、パキスタン人はほとんどいなかったが、知り合いに声をかけるうちにコミュニティーができ、今では少なくとも菅平に20人ほどが暮らしているという。

クシュ・ムラドゥさん:
誰か手伝う人が欲しくてもう1人呼んだとか、週に2回休まなきゃいけない、もう1人いればいいなと、それで増えた

もう1つ、菅平に集まる理由があった。ムラドゥさんのふるさと・ギルギットなど、パキスタン北部は山岳地帯。世界で2番目に高い山「K2」がそびえるカラコルム山脈に囲まれている。

クシュ・ムラドゥさん:
(菅平は)僕たちのギルギットとまったく一緒。雪は降るし、夏はあるし、秋もあるし、春もあるし。全部一緒

標高が高い菅平は、遠く離れたふるさとを思わせる雰囲気があるのだ。

スパイスで香り高く…まろやかな味わい

シェフ自慢のパキスタンカレー。イベント前日、菅平でパキスタン料理店を営むムハンマド・ジャンさんに仕込みの様子を見せてもらった。

カレーを仕込むムハンマド・ジャンさん

炒めたニンニクとタマネギにトマトを加えたものがベースになる。そこに数種類のスパイス。香り高く、まろやかな味にする。

ムハンマド・ジャンさんが作ったパキスタンカレー

ムハンマド・ジャンさん:
お昼の時間はいつもカレー食べる、ナンと一緒に。味はすごくうまい

ジャンさんの店も新型コロナの影響で客足が減った。スキーシーズンに挽回するためにも今回のイベントに期待を寄せていた。

ムハンマド・ジャンさん:
(2020年は)誰も来なかった、だからお客さんすごく少ない。(イベントで)お客さんが今年は入る、たぶん

本場パキスタンカレーは4種類を用意

迎えたイベント当日。ムラドゥさんはナン作りを引き受けた。パキスタンから取り寄せた窯で焼く。

クシュ・ムラドゥさん:
お客さんが来てくれればありがたい

用意したパキスタンカレー

一方、ジャンさんたちは4種類のパキスタンカレーを用意した。マトン、豆と牛スジ、ナス、そしてチキンだ。

用意したパキスタンカレー

他にインド人シェフが作ったバターチキンカレー、地元のロッジの女将さんが作ったグリーンカレーも並んだ。

ムハンマド・ジャンさん:
(出来は)すごく良い。緊張は大丈夫

賑わいをみせる菅平カレーフェス

午前11時前、イベントがスタート。カレーは、ナンまたはライスがついて一皿500円だ。

イベントは大盛況!スキーシーズンにも期待

天気にも恵まれ、会場は親子連れを中心に大にぎわい。多くの人が本場パキスタンの味を堪能した。

訪れた人:
辛くなくて、甘くてまろやかで食べやすい

訪れた人:
見た感じもなんか日本だけど、外国にいるような、本場のところに来たみたいな感じで良い

「ナン担当」のムラドゥさんは大忙しだ。1日300食を見込んでいたが、初日は600食近くにのぼり、2日間で約1200食を売り上げた。

クシュ・ムラドゥさん:
お客さん来てくれてよかった

――疲れは?

クシュ・ムラドゥさん:
大丈夫、お客さん来ればうれしい

ムハンマド・ジャンさん:
すごく楽しかった。きょうからも頑張ろうと、味もおいしいもの作ろうと

大盛況となった初めてのカレーフェス。観光協会も手応えを感じていた。

菅平高原観光協会・宮下透副理事長:
今回の評判が冬につながると。きょうの結果を見たらあると思うので、信じている

菅平とパキスタンの“ホット”な関係。観光協会はスキーシーズン中もこうしたイベントを開きたいとしている。

(長野放送)

長野県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
「朝フォー」の店をベトナム人女性が開業 

「朝フォー」の店をベトナム人女性が開業 "本場の味と文化を発信” 新天地でコロナ禍に奮闘中【長野発】

×