わずか258グラムで生まれた赤ちゃん。退院できた男の子としては「世界最小」だった赤ちゃんが3歳になり、家族みんなでお祝いをした。自己主張もするようになり、すくすく成長している。

10月1日に3歳に…父「よく育ってくれた」

庭で楽しそうにブランコ遊び…
カメラに向けて…

竜佑ちゃん:
ばー

この記事の画像(8枚)

軽井沢町の関野竜佑ちゃん。10月1日に誕生日を迎え、3歳になった。

父・康平さん:
生まれたときのことを考えると、よく3歳まで育ってくれたと思う

3年前、竜佑ちゃんは安曇野市の県立こども病院で生まれた。
体重わずか258グラム、身長22センチ。大人の手の平に収まるほどの大きさだった。

提供:県立こども病院

母・俊子さんが「妊娠高血圧症候群」になったことから、胎児を守るため、病院は妊娠24週と5日で緊急帝王切開に踏み切った。

病院の手厚いケアと自身の生命力で無事に退院

母・俊子さん(2019年10月取材):
生まれたとき、小さすぎて産声もなくて、生まれたのかどうか自分で感覚がなくて…医者から生まれましたよって、すぐ新生児の先生に渡しますって言われたんですけど、その時点では無事かなと思うだけで不安でした

父・康平さん(2019年10月取材):
私たちは何もできないので、先生たちにお任せで信用して待つしかないと思っていた。そこから先は、彼本人がこの世の中で生きたいか生きたくないかと思っていた

命の危機もあったが、病院の手厚いケアと自身の生命力で乗り越えた竜佑ちゃん。
当時、病院が調べたところ、258グラムで生まれて退院できたのは、男の子では「世界最小」だった。(2019年4月に退院)

あれから3年…

好物は「お肉」 自己主張もするように

竜佑ちゃんは、体重6990グラム、身長74.1センチ(9月13日時点)。
体重は平均の半分ほどだが、すくすく元気に成長している。

母・俊子さん:
肉が大好き。からあげとか「ほしいほしい」と人の分までとろうと

10月3日、単身赴任中の父・康平さんが帰宅し、家族で誕生会を開いた。
ローソクの火をを吹き消し…

家族:
おめでとう

大好きなケーキを頬張った。

食べ終わると、おもちゃのマイクを握り、歌とダンスを披露。

4月から保育園に通い始め、できることもどんどん増え、自己主張もするようになったという竜佑ちゃん。
兄や姉と遊んでいても…

竜佑ちゃん:
いやだ

元気いっぱいの竜佑ちゃん。
関野さん一家は、これまで支えてくれた人たちへの感謝を胸に、成長を温かく見守っている。

兄・佑平さん:
コミュニケーションがとれたりするところが、すごく成長したと思う

父・康平さん:
下から2番目の子がやんちゃだったが、その子よりやんちゃ。自分の主張をしてくれるし、これからが楽しみ

母・俊子さん:
笑って、楽しく元気で過ごして、大きくなってくれれば、それだけで十分

(長野放送)