「世界最小赤ちゃん」の成長の記録。
わずか258グラムで生まれた男の子が、10月1日に3歳の誕生日を迎え、11月下旬に家族で「七五三参り」をした。両親ときょうだいは幸せをかみしめ、健やかな成長を祈った。

少し大きめのスーツにネクタイ姿…家族で「七五三参り」

急な階段を懸命にのぼり、元気いっぱい!
長野・軽井沢町の関野竜佑ちゃん(3)。少し大きめのスーツにネクタイ姿…。

母・俊子さん:
新しく買いました。それでもちょっと大きかったですね

11月27日、家族で「七五三参り」をした。

当時、男の子では「世界最小」…体重258グラム・身長22センチで出生

竜佑ちゃんは、3年前、安曇野市の県立こども病院で生まれた。

体重258グラム 身長22センチで生まれる 提供:長野県立こども病院
この記事の画像(7枚)

体重わずか258グラム、身長22センチ。大人の手の平に収まるほどの大きさだった。命の危機もあったが、病院の手厚いケアと自身の生命力で乗り越えた。

2019年4月 退院

当時、258グラムで生まれて退院できたのは、男の子では「世界最小」とされている。

すくすく3歳に…竜佑ちゃんは「食いしん坊」

10月1日、竜佑ちゃんは3歳の誕生日を迎え、家族でお祝いをした。

3歳の誕生日パーティー(2021年10月)

体重7160グラム。身長74.2センチ。(11月12日時点)
体重は平均の半分ほどだが、「食いしん坊」という竜佑ちゃん。

母・俊子さん:
肉が大好き。からあげとか「ほしいほしい」と人の分まで

元気に外で遊ぶ(2021年10月)

2021年4月から保育園に通い、できることもどんどん増え、自己主張もするようになってきたという。

兄・佑平さん:
コミュニケーションがとれたりするところが、すごく成長したと思う

家族「当たり前のことですが、健やかに育ってほしい」

11月27日、両親ときょうだい4人で町内の神社を参拝し、「七五三」をお祝いした。

家族で「七五三参り」(2021年11月27日)

宮司:
お守りとお土産です。持てる?

父・康平さん:
抱っこしてもらって

宮司に抱かれると…泣いてしまった。
お母さんの元に戻り…安心。

そして、はじめて「おみくじ」をひいた。

はじめての「おみくじ」

父・康平さん:
小吉だ。頑張れよ、大きくなるぞ

元気いっぱいの竜佑ちゃん。成長ぶりに家族も目を細めている。

兄・佑平さん:
成長したなと、生まれたころよりは、すごく大きくなったと実感がわきました

父・康平さん:
七五三を迎えられたことをありがたく思っています。当たり前のことですが、健やかに育ってほしいなと思っています

母・俊子さん:
友達とも楽しく遊んいるようで、いろいろとできるようになっていて、これからが楽しみです

(長野放送)

長野放送
長野放送
記事 651