12月1日に20歳の誕生日を迎えた天皇皇后両陛下の長女・敬宮愛子さまが、さきほどティアラ、勲章を身に付けた正装のドレス姿を初めて披露された。

午後1時前、愛子さまは両陛下への成年の挨拶を終え、皇居・宮殿の玄関に姿を見せられた。
澄み渡った青空のもと、愛子さまは、『ローブ・デコルテ』と呼ばれる最も格式の高い白いドレスにティアラとネックレス、イヤリング、勲章を着用し、報道陣からの「おめでとうございます」との祝福の声に「ありがとうございます」と笑顔で答えられた。

この記事の画像(12枚)

愛子さまがドレス姿で行事に臨まれるのはきょうが初めてで、およそ1分間のカメラ取材を終え、一礼された。

ティアラはコロナ禍での新調を控え、陛下の妹で愛子さまの叔母にあたる黒田清子さんから借りられたもので、勲章は午前中に陛下から授与された女性皇族に贈られる最高位の勲章=「宝冠大綬章」。

これに先立ち、愛子さまは午前10時、皇室の祖先などをまつる皇居・宮中三殿を参拝された。
このあとも、両陛下や上皇ご夫妻への挨拶など、成年皇族としての節目の儀式が続く。