メジャーリーグ、エンゼルスの大谷翔平選手がアメリカンリーグのシーズンMVPに選出された。
選手にとって最高の栄誉ともいえる賞に、イチローさん以来、日本人選手として2人目となる受賞を果たした。

帰国後、記者会見に臨む大谷翔平選手(15日 日本記者クラブ)
この記事の画像(2枚)

全米野球記者協会が選ぶ最優秀選手・MVP。

メジャー4年目となった今シーズン。開幕からエンジン全開の大谷選手は二刀流としてフル稼働。けがもなく、シーズン通して目を見張る活躍を見せた。

投げては、9勝2敗と2桁勝利まであと1歩。そして、打っては46本のホームランを記録し、タイトル争いを繰り広げる活躍で、目の肥えたアメリカのファンをも、うならせた。

最優秀選手の称号は手にしたが、すでに気持ちは来シーズンに向かっている大谷選手。さらなる高みを目指す挑戦は、これからも続いていく。