新型コロナウイルスの感染が全国に拡大したのは2020年。この年の4月(=2020年度)に入学した大学生の約4割が、大学生活を通じた“成長を実感していない”ことが、ベネッセ教育総合研究所の調査で分かった。

ベネッセ教育総合研究所が行ったのは「大学生の学習・生活実態調査」。2021年12月、インターネットを通じて全国の大学1~4年生4124人から回答を得た。同調査は2008年から4~5年おきに実施しており、今回が4回目となる。

この調査の結果、2020年度に入学した大学2年生(調査時点)は、成長を「実感しない」と答えた割合が39.6%で、2016年(前回調査)の大学2年生より8.0ポイント増えたことが分かった。一方で、他の学年(1年生、3年生、4年生)では、2016年の同学年と比べて、成長を「実感しない」と答えた割合にほとんど変化はなかった。 

<成長を「実感しない」と答えた割合>
【1年生】2016年:28.1%→2021年:29.6%(1.5ポイント増加)
【2年生】2016年:31.6%→2021年:39.6%(8ポイント増加)
【3年生】2016年:26.1%→2021年:25.2%(0.9ポイント減少)
【4年生】2016年:19.9%→2021年:19.8%(0.1ポイント減少)

成長実感(提供:ベネッセ教育総合研究所)
成長実感(提供:ベネッセ教育総合研究所)
この記事の画像(8枚)

ベネッセ教育総合研究所は「とくに2020年度の入学生に成長実感がもてていない学生が多いことがわかる」としている。

また、「悩み事を相談できる友だち」が「いない」割合と「学習やスポーツで競い合う友だち」が「いない」割合は、2016年と比べて全体的に増加し、とくに2020年度に入学した大学生で顕著となっている。

<悩み事を相談できる友達が「いない」割合>
【1年生】2016年:20.3%→2021年:27.5%(7.2ポイント増加)
【2年生】2016年:20.0%→2021年:29.1%(9.1ポイント増加)
【3年生】2016年:19.2%→2021年:21.9%(2.7ポイント増加)
【4年生】2016年:17.4%→2021年:20.0%(2.6ポイント増加)

学内の友人の数(提供:ベネッセ教育総合研究所)
学内の友人の数(提供:ベネッセ教育総合研究所)

<学習やスポーツで競い合う友だちが「いない」割合>
【1年生】2016年:35.8%→2021年:49.1%(13.3ポイント増加)
【2年生】2016年:37.2%→2021年:52.7%(15.5ポイント増加)
【3年生】2016年:42.5%→2021年:47.6%(5.1ポイント増加)
【4年生】2016年:45.1%→2021年:48.1%(3ポイント増加)

また、ベネッセ教育総合研究所は、「友人の数」と「学びの充実」や「成長実感」に関連が見られたとしたうえで、「友人の数」は 「学びの充実」をもたらし、それが「成長実感」につながっていることが分かった、と結論付けている。

友人の数と学びの充実(提供:ベネッセ教育総合研究所)
友人の数と学びの充実(提供:ベネッセ教育総合研究所)
友人の数と成長実感(提供:ベネッセ教育総合研究所)
友人の数と成長実感(提供:ベネッセ教育総合研究所)

2020年度入学生の「成長実感ない」割合が多い理由

今回の調査では「とくに2020年度の入学生に成長実感がもてていない学生が多い」ことが分かった。この理由としては、やはりコロナ禍が関係しているのだろうか。

また、同じく、コロナ禍に入学した“2021年度入学生”は、“2020年度入学生”と比べると、「成長実感がもてていない学生」は少なく、「学内の友人の数」の「いない」の比率も小さい。こちらはどのような理由が考えられるのか?

ベネッセ教育総合研究所の主席研究員・木村治生さんに話を聞いた。

――「とくに2020年度の入学生に成長実感がもてていない学生が多い」。この理由として考えられることは?

成長実感は「正課(大学の授業、とりわけ能動的な学び)」と「正課外(友人関係、サークル活動など)」の活動が関連しています。2020年度入学生(調査時点の2年生=現在の3年生)は、入学時に新型コロナウイルスによる休校を経験しています。

また、大学はオンライン授業の活用により、登校自体がかなり少なくなりました。2020年度入学生が1年生だった時の平均登校日数は週1.8日です。サークル活動ができず、友だちを作るきっかけが少ない状況でした。

2019年度以前(調査時点の3年生=現在の4年生)の入学生は、コロナ前の入学だったため、友だちを作ることができた後にコロナを迎えています。

また、2021年度入学生(調査時点の1年生=現在の2年生)は、以前ほどではありませんが、登校日数がかなり回復していて、友だちが作りやすい状況になっています。登校しない分、オンライン授業が多かったのですが、オンライン授業は大学側も、まだ試行錯誤をしている段階にあり、能動的な学びを行うまでの質が担保されていません。

以上のような理由から、とくに2020年度入学生に成長実感がもてていない学生が多く出現していると考えられます。

イメージ
イメージ

――「学内の友人の数」が「いない」比率は「とくに2020年度入学生にその傾向が顕著」。こちらはどのような理由が考えられる?

2020年度入学生の1年生のときの登校日数が、極端に少なかったということが一番に考えられます。

友人ができるきっかけについての質問では、「1年生のときの授業」「部活動・サークル」「入学時のオリエンテーション」「ゼミ」などの比率が大きく減少していて、コロナ禍による休校やオンライン授業の増加が、その理由として考えられます。

2020年度入学生は「SNSで頻繁にやりとりする友だち」も少なく、リアルな友だちが少ないとSNSでのやりとりも減ることが分かります。

――同じく、コロナ禍に入学した“2021年度入学生”は、“2020年度入学生”と比べると、「成長実感がもてていない学生」は少なく、「学内の友人の数」の「いない」の比率も小さい。この理由としては考えられることは?

文部科学省の指導もあり、2021年からはコロナ感染対策をしたうえで、対面での授業を行うようになりました。社会的な風潮として「ウィズコロナ」を考えるようになったこととも、関連していると思います。

また、大学側が2020年の1年間の状況を学んで、2021年度入学生には十分な配慮を行ったということもあると思います。


――「友人の数」は「学びの充実」をもたらし、それが「成長実感」につながっている。これはなぜ?

大学での学びは、同じ関心や目標をもつ仲間との学び合いが、成長の重要な要素です。探究活動における協働、友人の取り組みを見て学ぶことや情報交換すること、切磋琢磨することなどは、大学ならではの経験です。

「友人関係」と「学びの充実」には関連があります。友だちが多い方が、学び合う機会が多いためだと思われます。「学びが充実」することで、「成長を実感」するものと考えられます。

他者と共に学ぶこと、他者から学ぶこと(ソーシャルラ―ニング)は、大学生に限らず成長につながります。

コロナ禍でダメージを受けている学生に支援が必要

――今回の調査結果をどのように受け止めている?

「友だちの数が減った」ということを、とても大きな問題だと捉えています。人間は社会的な存在であり、友人関係が遮断されることで、多くの経験を失ってしまいます。

今の大学3年生は、友だちづくりが十分にできずに、オンライン中心の授業を受けただけで、そのまま就職活動に入っていく学生が相当数います。彼らに対する配慮が必要と考えます。

一方で、コロナ禍に対しては、7割が「プラスだった」「プラスでもマイナスでもなかった」と答えていて、「マイナスだった」は3割にとどまります。

コロナ禍に対する評価(提供:ベネッセ教育総合研究所)
コロナ禍に対する評価(提供:ベネッセ教育総合研究所)

コロナ禍のダメージも、学生によって異なっています。自由な時間で自分の将来を深く考えた、新しい挑戦ができたという学生も、一定の割合で存在します。

大学側が、マイナス面が拡大しないように努力をしてきた成果でもあるでしょう。その成果を前向きに認めつつ、ダメージを受けている学生に対しては支援をしていく必要があると考えます。

――2020年度入学生がこのまま卒業すると、社会人になってから、何らかの影響が出てくる可能性はある?

まず、就職活動は友人のやり方を見習ったり、情報交換をしながら進めたりすることも多いので、孤立することで本人たちの不安が高まったり、活動に乗り遅れるような学生が多く出現することが考えられます。

就職してからも、同窓生とのやりとりが希薄な場合は、異なる企業や異業種のことを相互に学ぶといったことが少なくなる可能性があります。

学生の中にはオンラインの学びを強く好む学生もいて、就業してからのリアルなやり取りに苦手意識を持つ者が多いかもしれません。ただし、これらはいずれも可能性であり、リカバリーできるものでもあります。

また、2020年度入学生も多様であり、コロナ禍を乗り越えて成長している学生も多くいます。

イメージ
イメージ

――2020年度入学生にどのような支援が必要?

大学側には、友人と切磋琢磨する機会を研究活動や就職活動の中で作ってほしいと思います。2年間に近い空白がある分、他の学年よりも、より手厚い配慮が必要になります。

研究活動では、卒業論文や卒業制作を行うタイミングでもあります。ゼミなどで交流する機会を、例年以上に増やしてほしいと思います。就職活動も、成長の大きな機会です。

孤立した活動にならないように、情報交換の機会や、悩みや不安を共有する機会を意識的に増やすなど、リカバリー策を考えてほしいと思います。

2020年度に入学した中学生・高校生、入社した社会人への影響は?

――2020年度に入学した中学生、高校生にも、同様の傾向はみられる?

中学生、高校生については、別の調査を行っていますが、「入学直後に部活動に入れなかった」といった同じような課題が出現しました。

また、休校中は生活習慣の乱れや、十分な学習ができないといった状況も見られました。入学直後の生徒には、とくに学習面での影響が、他の学年よりも大きかったと考えます。

しかし、休校期間は長い地域でも2か月にとどまったこと、その後は対面100%が原則であったことから、影響は限定的だったと考えます。我々の調査でも、学校再開後の生活は以前に戻り、影響はかなり限定的であったことが確認できています。

大学生は、感染拡大防止のために登校停止が長期にわたった影響が大きいと考えます。


――2020年度に入社した新社会人は?

新社会人も在宅ワークが中心であれば、人間関係のネットワークが作りにくいといった課題が、出る可能性はあります。

ただ、全面的な在宅ワークは多くの企業は一時的なものだったこと、現在、在宅ワークを継続している企業は限られること、企業側もコミュニケーションが減らないような対策をしていることから、影響は限定的ではないかと推察します。



ベネッセ教育総合研究所によると、「成長を実感していない」割合が顕著な2020年度に入学した大学生。彼らは現在、大学3年生。大学生活の残り1年半ほどでリカバリーできるよう、大学側には手厚い支援・サポートをぜひ行っていってほしい。