のんびりイメージとは真逆の姿

さまざまな姿を見せてくれる動物たち。時にはイメージとは違った姿を見せることも…

のんびりと水の中にいるイメージのカバが見せた珍しい姿を捉えた映像が話題になっている。

それがこちら。

【驚愕】カバ 速く泳げます     
ようやく撮れました…笑

“バタフライ”するように泳ぐカバ
この記事の画像(8枚)

このコメントと共に、長崎バイオパーク(長崎県西海市)の公式Twitter(@ngsbiopark)が投稿した動画は、カバがバタフライをするかのように勢いよく泳ぐ様子。

そのまま一気に陸へと上がったと思ったら、再び池の中へ戻り、次は潜水をするかのように、速いスピードで水の中から向かってくる。

潜水するように泳ぐカバ

のんびりしたイメージを覆すような迫力のある泳ぎに、Twitterには「カバフライ泳法や……!」「こんなに速く泳げるんですね!」「物凄くダイナミック!!」「荒々しいね」といった驚きのコメントが並んだ。

Twitterユーザーを驚かす姿を見せてくれたのは、8歳オスの出目太(デメタ)くん。好奇心旺盛でありながらビビりな面も持つ性格なんだとか。

カバのイメージとは違った泳ぐ姿は投稿に「ようやく撮れました」とあるように、飼育員からしてもレアなのだろうか? また、なぜ速く泳いでいたのか?

長崎バイオパーク・カバ担当の春岡俊彦さんに教えてもらった。

普段はまったり泳いでいます

ーーそもそも、カバってどういう動物?

生息地はアフリカ大陸で、主食は草(当園では餌の確保ができるので乾燥牧草・オカラなど) 。体長は2~3.5メートル。体重は野生では平均1.5トンあり、大きいものでは約2~2.5トンあるものもいます。


ーーカバは普段、どんな様子なの?

日中は水の中でじっとしています。餌の時間帯になると餌を探しているのか動くようになります。

ダイナミックな泳ぎを見せてくれた、にっこり顔の出目太くん

ーー普通はどれくらいのスピードで泳ぐ?

人間の歩くぐらいのスピードで、まったり泳いでいる感じです。


ーー今回の動画のように速く泳ぐのは珍しい?

担当になってから半年になりますが、私ははじめて見ました。他のスタッフはよく見るとのことです。


ーーどういった時に速く泳ぐの?

はじめて見たので、まだわかりません。

長崎バイオパークには出目太くん以外のカバも。こちらはモモちゃん(長崎バイオパーク)

担当者「カバの獰猛さ伝えられた」

ーー速く泳ぐ姿を撮れた感想を教えて

普段お客さんが見られない行動を動画に収めることができてうれしかったです。また、私自身もはじめて速く泳ぐ姿を見たので、見られてよかったと思っています。


ーーなぜTwitterに速く泳ぐ姿を投稿した?

Twitterは拡散力が他のSNSよりもあると思うので、たくさんの人にこの映像をみてもらいたく、最初にTwitterにあげました。Twitterを利用されていない方もいらっしゃるので、他のSNSにもあげています。


ーー反響に対しては?

みなさんがリアクションをしていて、SNSにあげてよかったなと思いました。 普段は、おとなしいカバしか見られませんが、この機会でカバの獰猛さを伝えられてよかったです。

出目太くん(長崎バイオパーク)

ちなみに、ボートにも追い付くことができるほどのスピードで泳ぐことができるのだそう。あの巨体が猛スピードで追いかけてきたらと思うと、ちょっと怖くなってしまう。

歩きは人間の方が速い。でも走ると…

泳ぎだけでなく、陸でものっそりと歩いているイメージのあるカバだが、走ると意外と速いとも言われている。陸上での行動に関しても春岡さんに聞いてみた。


ーーカバは歩く(走る)のも速いの?

歩くスピードは時と場合によりますが、人間のほうが速いかもしれません。走ると時速20~30キロで走る事ができるそうです(時速50キロという説もあります)。

モモちゃん(長崎バイオパーク)

ーーどういった時に走る?

縄張りに入られたときや、オス同士の喧嘩などです。ただし、長崎バイオパークの展示場は猛スピードで走れるほどの陸場がないので、見たことがありません。

ひなたぼっこするモモちゃん (長崎バイオパーク)

なお、長崎バイオパークの公式Twitterでは、来園者が普段見られない動物の姿をこれまでも投稿している。

春岡さんは「何時このような動画がとれるかわかりませんので、是非SNSのフォローお願いします」と話し、今後も動物のいろいろな姿を投稿していくとのことだ。
 

【関連記事】
“最弱伝説”覆す? マンボウが「本気を出した」そのスピードを見よ
“水中を軽やかに泳ぐ”カピバラの姿に驚き…普段は泳ぎを披露しないワケがあった