本格的な梅雨の時期に心配なのが「集中豪雨」。6月1日から、新しい防災情報「線状降水帯予測情報」が発表される。

予測の精度に課題は残るが…命を守る行動の指標に

2020年7月の豪雨では、熊本県の球磨川で鉄道の橋が流され、河川の氾濫や土砂崩れが相次ぐなど、全国で死者・行方不明者が86人に上る犠牲を出した。

この豪雨は岐阜県でも大雨特別警報が出され、下呂市萩原では12日間で1133.5ミリの雨を観測。JR高山線、国道41号線が寸断される被害がでた。

この記事の画像(8枚)

この豪雨の原因が「線状降水帯」。
このときのレーダーを見てみると、九州の付近に激しい雨をもたらしている赤いエリアが線状に連なって、同じ所でずっと降り続いていた。

発生のメカニズムは以下の通り。
梅雨前線は、太平洋高気圧と北にある冷たいオホーツク海高気圧がぶつかるところに形成されるが、太平洋高気圧のふちを回るように南から湿った空気がどんどん流れ込んでくる。

この空気が山にぶつかるなどして上昇気流が発生すると、積乱雲が発達する。積乱雲は本来ならばすぐに消えてなくなるが、上空に雲を流す風がうまれると同じ方向に移動していき、また同じ場所に積乱雲が発達し、これが線状に連なるって「線状降水帯」となる。

この線状降水帯の予測が6月1日から始まる。
予測は半日ほど前に発表される。これにより、大雨が降る前の早めの避難につなげるのが目的だ。
また、予測は地方ごとに発表される。東海地方の場合は、愛知・岐阜・三重・静岡の4つの県での発表となる。

ただし、まだ精度には問題がある。線状降水帯の予測は難しく、的中率は4回に1回程度、見逃す確率は3回に2回程度ある。

とはいえ、予測が出されたエリアでは、線状降水帯が発生しなくても大雨が降る可能性は高い。

もし「線状降水帯予測情報」が出た場合は、「ハザードマップや避難所・避難経路の確認」「非常用品の確認」「夜の場合は2階以上や崖から離れた部屋への避難」を行ってほしい。

(東海テレビ)