西日本豪雨の被災地、岡山・倉敷市真備町で、食で復興を支えてきた飲食店が、3月31日を最後に閉店した。
倉敷市真備町川辺の「ノラネコ食堂」だ。

この記事の画像(8枚)

店主は、岡山市で飲食店を経営する岩田圭司さん。
4年前の西日本豪雨の際、岩田さんは真備町でがれきの搬出や炊き出しなどのボランティア活動をしたことがきっかけで、災害から1年後の2019年8月、「ノラネコ食堂」をオープンさせた。

ノラネコ食堂 岩田圭司店主:
被災者から「いつまでも無料で配るのではなく、お金を取ってほしい」と言われたとき、地元の人に還元できるような施設として定食屋という発案に至った

町民の駐車場を借りて営業を始めた「ノラネコ食堂」は、わずか12席ほどの小さな店だが、昼間は定食などを中心とした飲食店、夜は居酒屋として、復興工事に携わる関係者や地元住民などに親しまれてきた。

しかし、3年間の敷地の使用期限を迎えたことから、3月いっぱいで閉店することになった。

ノラネコ食堂 岩田圭司店主:
被災者や非被災者、ボランティア、町に来る人が夜の営業でお酒をはさんでざっくばらんに会話を重ねたりする瞬間に立ち会えたとき、 (店を)やって良かったといえる。一つのタイミングとして、一つ学校を卒業したような気分

岡山市への出店計画「真備の方が遊びにくるきっかけに」

営業最終日となった31日は、閉店を惜しむ常連客らが次々と店を訪れにぎわった。

常連客:
きょう最後と聞いて、夜勤明けでそのまま来て食べて帰ろうかなと思い来た

常連客:
いろんな人と知り合えたので、すごくいい店だった

31日で真備町から店はなくなるが、岩田さんは将来、「ノラネコ食堂」の看板で岡山市に店を出し、真備特産のタケノコを使ったメニューなどを提供したいと考えている。

ノラネコ食堂 岩田圭司店主:
また違う地でノラネコ食堂をオープンした際には、真備の方がノラネコ食堂はここに移転したんだと、遊びに立ち寄ってもらえるきっかけになってくれれば

真備地区の復興を食で支えてきた「ノラネコ食堂」、夜の営業の終了とともに3年間の歴史に幕を閉じた。

(岡山放送)

岡山放送
岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 1133