武装した集団が人質を取って長野・軽井沢町の保養所に立てこもった「あさま山荘」事件。犯人たちが逮捕されてから2月28日で50年がたった。長野県警の元機動隊員の男性が、死を覚悟して突入した「あの日」を振り返った。

殉職した警察官を慰霊

2月28日の慰霊式
この記事の画像(9枚)

2月28日、事件で殉職した2人の警察官を慰霊する式典が、現場から2キロ離れた「治安の礎」で行われた。

軽井沢警察署・柏木隆署長:
(2人の)使命感を忘れてはならない。気持ちを今後も引き継いでいきたい

箱山好猷さん

式の前に花を手向けた箱山好猷さん(86)。あの日、長野県警機動隊の分隊長として山荘に突入した。 

元県警機動隊・箱山好猷さん:
人生で最大のできごと。もう50年もたったんだなと、一生忘れない。私が目をつむるまで忘れることはない

左・箱山好猷さん

民間人1人が射殺…「突入」が言い渡され

札幌オリンピックの閉幕から6日後の1972年2月19日。ライフル銃などで武装した新左翼の「連合赤軍」の5人が、軽井沢町の「あさま山荘」に押し入り、管理人の妻を人質にして立てこもった。

元県警機動隊・箱山好猷さん:
あさま山荘を見た途端に、「パンッ」と弾がきた。他の隊員が「分隊長、危ない!」と。それから包囲が始まった

日本中がテレビに釘付けになる中、犯人たちは山荘に近づいた民間人1人を射殺。

9日目、箱山さんたちに翌日の突入が言い渡される。

元県警機動隊・箱山好猷さん:
前の日、突入部隊だけで別れの杯をして寝て、朝は水杯だった。もしものときは、親子3人いつまでも元気で仲良くいてくれと、心の中で別れを告げて現地に

「決心が揺らぐかも」と、箱山さんは家族には何も告げていなかった。

手を振って制圧を知らせる箱山さん

妻・京子さん: 
(告げられたら)びっくりしたでしょうね、知らなかったから、よかった。(もし聞いていたら)警察官の妻として「行ってください」と言ったと思う。何しろ任務ですから、運を天に任せるという感じ

 2月28日、箱山さんは2階への突破口を作る破壊工作班の班長として突入する。

元県警機動隊・箱山好猷さん:
屋根裏から投げた爆弾が、窓を突き破って落ちて、私の足元に。たまたま不発弾だった。使命感だけだった。人質救出、犯人検挙、それしかなかった

窓から旗を振って制圧を知らせた。警察は威嚇射撃しかできない中、銃撃された警視庁の2人が死亡。それでも午後6時過ぎに犯人全員が逮捕され、人質の女性も救出された。

元県警機動隊・箱山好猷さん:
ああよかったと。(女性が)無事でいたということが一番よかったと

語り継ぐべき事件

「世の中を変えたい」と革命を夢見て、行き詰まった若者たち。事件後、衝撃の事実が明らかになる。 軽井沢に来る前、群馬県のアジトで「総括」という名のリンチで妊婦を含む12人が殺されていたのだ。

元県警機動隊・箱山好猷さん:
あの人たちがちゃんと大学を出て、社会のために役立ってくれていれば、日本のために大きな力になった。その点を考えると、もったいなかったなと

あさま山荘から2キロの場所にある「治安の礎」

突入した隊員などによる慰霊の集まりは、2022年が一区切り。
しかし箱山さんは、事件は今後も語り継がれるべきだと考えている。

元県警機動隊・箱山好猷さん:
思い出すというより、一生死ぬまで忘れない、命がけでやった仕事。若い人にはよく考えて、単純に同調してのめり込まないで、「待てよ」という考えも持ってほしい

(長野放送)

長野放送
長野放送

長野の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 649