東京都は、同性カップルを公的に認める「同性パートナーシップ制度」の案を公表しました。全国で初めて、全ての手続きをオンラインでできるようになっています。

都の案では、対象となるのは成年に達していて、双方、又はいずれか一方が性的マイノリティで、互いを人生のパートナーとするカップルです。

「窓口に直接行くと、予期せず第三者に伝わってしまう」と心配する声が寄せられたことを受け全国で初めて、届け出から受理まで全ての手続きをオンラインで行うことができます。婚姻制度とは別のもので法的拘束力はありません。

公的な証明によって、これまで認められなかった家族としての公営住宅への入居や、手術の同意が可能になるということで都は今年の秋に制度を開始したい考えです。

記事 944 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。