北京五輪・男子フィギュアスケートで、鍵山優真選手が合計310.05点で銀メダルを獲得した。
五輪初出場での快挙となった。