立憲民主党の泉健太政調会長(47)が記者会見を行い、「『普通の安心が得られる社会』を目指す」と述べ、枝野前代表の後任を選ぶ代表選挙への出馬を正式に表明した。

泉氏は17日、国会内で会見を行い、衆院選の結果を巡る共産党などとの野党共闘について「一定の成果を出すこともできた」としつつも「大変申し訳ない結果であった」と述べた。

その上で「負のイメージを前向きなイメージに転換していかなければならない」と強調。
「『普通の安心が得られる社会』を目指したい」「経済安全保障などに関しても十分に政権を担っていけるということを発信していく」と述べ、立憲民主党の代表選への出馬を正式に表明した。