‟人類の夢”?「着られるコタツ」も登場…コロナ禍で注目の新防寒グッズ テレワーク中も快適に
感染拡大… 新型コロナウイルス

‟人類の夢”?「着られるコタツ」も登場…コロナ禍で注目の新防寒グッズ テレワーク中も快適に

北海道文化放送
北海道文化放送
暮らし
  • コロナ禍で大注目の人気防寒グッズ
  • ボタン1つ20秒でポカポカ…おしゃれ度アップの女性向け衣料
  • ”人類の夢”?「着られるコタツ」登場

20秒でポカポカ 不思議なベスト

2020年は新型コロナウイルス対策で、寒くても換気が大切。
そんな中、話題となっている商品がある。

DoCLASSE 札幌アピア店・阿部静香さん:
今季発売されました「Doヒートベスト」。ボタン1つで、20秒ほどでポカポカに

この記事の画像(16枚)

ボタンで温かくなるという不思議なベスト。どんな仕組みなのだろうか。

DoCLASSE 札幌アピア店・阿部静香さん:
ポケットにモバイルバッテリーを装着してもらい、温度は4段階に調整でき、屋内・屋外を問わず着用できる

約40度から55度までバッテリーで発熱し、1回の充電で最大6時間。1カ月の電気代は15円ほどだという。

温かさの秘密は、背中に仕込まれたヒーター。

DoCLASSE 札幌アピア店 阿部 静香さん:
肩甲骨の間にヒーターを入れています

本当に温かくなるのか、サーモグラフィーを使い試してみた。
温度が高くなると白く表示される。
わずかな時間で、37度までヒーター部分の温度が上がった。

ヒーターが仕込まれた衣類はこれまで男性用の作業着が中心だったが、こちらは女性向けのアパレルブランドの品。色のバリエーションも5種類と豊富。

DoCLASSE 札幌アピア店・阿部静香さん:
女性向けにこだわって作っています。リバーシブルで着用できて、ヒーターも防水で手洗いできる

今年人気の防寒グッズ

さまざまな防寒グッズが集まる大型雑貨店では…

札幌ロフト・佐藤 薫さん:
「サイコロハンドマフ」は、両サイドに穴が開いていて、手を入れられる。クッションとしてもかわいいですし、指先を温めるグッズにもなる

2020年の売れ筋は、バッテリーをつないで足や首などを部分的に温めるグッズだという。
こちらはヒーター付きのスリッパ。

そして、「おうち時間」が長くなりそうな2020年冬に誕生した注目の商品がコチラ。

札幌ロフト・佐藤 薫さん:
テレワークや在宅勤務の方が多いと思いますので、手のひらや手の甲を温められる。パソコンの作業やスマホの作業の邪魔にならないようになっている

実際にサーモグラフィーで温度を測ってみた。
スイッチを入れると手の甲のヒーター部分の色がどんどんと変わっていく。50度近くまで温度が上がるのにかかった時間はごくわずかだった。

“人類の夢を叶えた”話題の品

2020年は室内の換気が大切。
そこで、足だけがあたたかくなりがちな、あの家具が2020年は大進化。

メーカーが‟人類の夢を叶えることに成功した”とうたうのが「着られるコタツ」。

体全体をすっぽりと覆うが、頭と手を出してテーブルゲームをするにも煩わしくなく、これなら眠り込んでしまっても風邪の心配も少ない。

このユニークな商品を作った衣料品メーカーは…

ニッセン インナーウェアチーム・加藤景衣子さん:
おうち時間が増える中、テレワークではじっとしている。コタツは背中が寒くなるという欠点があるので、背中と体を全体的に温めるため、コタツと衣類を一体化した

もちろん着たまま移動することも可能。
この冬は、着られるコタツから出ることができなくなるかもしれない。

(北海道文化放送)

北海道のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

感染拡大… 新型コロナウイルスの他の記事

まん延防止等重点措置拡大 福島、北関東3県、愛知など8県 政府方…

まん延防止等重点措置拡大 福島、北関東3県、愛知など8県 政府方…

国内
「他の急患に影響が…」

「他の急患に影響が…」"感染した五輪関係者”受け入れ病院の苦…

国内
新型コロナ 東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多

新型コロナ 東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多

国内
食糧支援に遅れ 都内の自宅療養者1万4000人超えで 電話相談も繋…

食糧支援に遅れ 都内の自宅療養者1万4000人超えで 電話相談も繋…

国内
新型コロナ 全国の重症者は754人 13日連続で増加

新型コロナ 全国の重症者は754人 13日連続で増加

国内
家庭で余った食品をコンビニで無償提供 困窮する学生や母子家庭…

家庭で余った食品をコンビニで無償提供 困窮する学生や母子家庭…

暮らし
一覧ページへ
×