ご当地プロレスとして北海道・根室市で誕生した「新根室プロレス」。
巨大パンダ・レスラー「アンドレザ・ジャイアント」の登場で一気に注目を集め、全国的な人気を博した。

その代表を務めていたサムソン宮本さんが9月11日、55歳の若さでこの世を去った。
病魔に侵されながらも最期までレスラーとして生き続けたサムソン宮本さん。その思いを取材した。

1年前、地元プロレス大会で"生前葬"を敢行

今から1年前の2019年9月。地元・根室市の三吉神社で開かれた例大祭。
小さな神社は、新根室プロレスの試合を楽しみに集まった、たくさんの観衆で埋め尽くされた。

この記事の画像(17枚)

そこに突然、こんなアナウンスが流れました。

新根室プロレス・サムソン宮本:
サムソン宮本生前葬、思う存分楽しんでいってください!

この日が、新根室プロレスの地元で最後の試合となった。

巨大パンダレスラーの"生みの親"

会場でひときわ注目を集めていたのが、新根室プロレスの名物レスラー「アンドレザ・ジャイアントパンダ」。身長はなんと3メートル。
2017年に衝撃のデビューを飾って以来、全国のプロレス大会や各種イベントなどに引っ張りだこの存在となった。

そのアンドレザ・ジャイアントパンダの「生みの親」が、サムソン宮本さん。

ご当地プロレスの1つに過ぎなかった新根室プロレス。
巨大パンダレスラーの登場とともに一躍、全国区の人気団体へと成長した。

特にファンの間で評判を呼んだのが、「無理しない!怪我しない!明日も仕事!!」と、プロレス団体らしからぬ、ユニークなモットー。

サムソン宮本を襲う病魔「平滑筋肉腫」

しかし、パンダ人気が絶頂を極める中、サムソン宮本さんの体には異変が生じていた。

新根室プロレス・サムソン宮本:
平滑筋肉腫という10万人に3人の非常に珍しい病気。10年生存率が0%。5年生存率が30%

平滑筋肉腫とは筋肉に悪性腫瘍ができるがんの一種。

「無理しない、怪我しない、明日も仕事」をモットーとしてきたサムソン宮本さんだけに、ファンの前で無念さをにじませた。

新根室プロレス・サムソン宮本:
今は無理して、病気して、仕事も休んで…

病魔に侵されたサムソン宮本さんだったが、2019年10月には、団体の念願だった初の東京・新木場での興行を成功させた。
自らリングに上がり、試合では全てを出し尽くしたサムソン宮本さん。

最後はファンに向かって…

新根室プロレス・サムソン宮本:
病気に勝って必ず戻ってきます。それまでみんな待っていてください!

団体の解散を発表したあと、地元・根室市で行われたインタビューで取材カメラマンとの間でこんなやりとりがあった。

UHB根室・芦崎秀樹カメラマン:
根室に文化を創ったんじゃないかと、僕は思ってるんですけども。新根室プロレスという文化を

新根室プロレス・サムソン宮本:
ありがとうございます。そう言ってもらえるとうれしいです。うれしいです。そんなことを言ってもらえるとは思わなかった

思わず涙ぐむサムソン宮本さん。

東京での大会後、団体を解散し、札幌で療養生活を送っていたサムソン宮本さん。
ある日、妻や2人の娘と出掛けた神社では。

新根室プロレス・サムソン宮本:
おっ、大吉!大吉出ましたよ。うれしいですね

家族と共に喜ぶサムソン宮本さん。
しかし、その体には、再び異変が生じていた。

余命3カ月…サムソン宮本の決意

医師:
心臓の中なんですけども、以前より大きくなっています

10万人に3人という難病、平滑筋肉腫が心臓に転移していた。
医師から告げられたのは「余命3カ月」。

自らの死を覚悟したサムソン宮本さんは、カメラの前で、こう語った。

新根室プロレス・サムソン宮本:
僕の人生の中でサムソン宮本の占める割合は本当に大きい。最後はサムソン宮本として終わりたい

8月25日、サムソン宮本さんは家族とともに55歳の誕生日を祝った。

そして9月11日午後1時29分。
サムソン宮本(本名・宮本隆志)さんは、永い眠りについた。

地元・根室では、サムソン宮本さんの棺を乗せた車が、かつて熱戦を繰り広げた三吉神社の前を通り過ぎた。

葬儀に集まったメンバーの決意

葬儀には多くの仲間たちが集まりました。

葬儀で弔辞を読んだ・ドンレオ嬢サン:
あの人は去年新木場で"帰ってきます"と。あの言葉を信じて、待ってくれているお客さんがいるだろうし、そのお客さんの期待を裏切ることはできない

最後の愛弟子・TOMOYA:
サムソン会長にあこがれてプロレス興味を持った。これから先もずっとサムソン会長の背中を追いかけたい。追いかけるだけではなく、いつの日かサムソン会長を超えたなと、お客さんからも言われるような団体を創りたいと思っています

「青コーナー、挑戦者、新根室プロレス代表、サムソン宮本!」
ファンの心にこだまする、田中ケロのリングコール。
サムソン宮本さんの「新根室魂」を受け継いだメンバーたち。彼らがいるかぎりサムソン宮本は生き続ける。

(北海道文化放送)