ピンク色のバッタ。同じようなバッタが各地で見つかり、「幸せを呼ぶ」などと話題になっている。このほど、長野・豊丘村で見つけたのは8歳の小学生だ。

突然変異でピンク色に

9月3日、自宅近くの公園に虫捕りに出かけた小学2年生の筒井岳翔さん(8)。

この記事の画像(5枚)

すると…

筒井岳翔さん(8):
手で捕まえました。あれ、なんだと思ったらピンクバッタでした。うれしかったです

もぞもぞと動く全身ピンク色のバッタ。本来なら緑色のショウリョウバッタ。岳翔さんは名前を付け、今 大事に飼っている。

筒井岳翔さん(8):
(名前は)ピンクちゃん。ピンクだからピンクちゃん

佐久市の「パラダ昆虫体験学習館」の金子館長に写真を見てもらったところ、突然変異の珍しい個体だという。

パラダ昆虫体験学習館・金子順一郎館長:
すごく珍しいと思います。(ショウリョウバッタは)茶色や緑になったり、色彩が変化する種類。ピンク色になる遺伝子も持っている。たまたま強く現れたためだと思われる。目立ってしまうので、捕食されやすいデメリットはある。珍しい虫を見つけたことは、それはそれで「幸運」なことでは

幸せを呼ぶ⁉

岳翔さんは生き物が大好き。近くの祖父母の家で、ウーパールーパーや金魚、カメなど13種類・23匹を飼っている。そこに、ピンクちゃんが加わった。

ピンク色のショウリョウバッタは全国各地で見つかり、インターネット上では「幸せを呼ぶ」として話題だ。
早速、岳翔さんにも「小さな幸せ」が訪れている。

筒井岳翔さん(8):
(ピンクちゃんが来てから)お母さんが怒らなくなりました

幸せを呼ぶピンクバッタ。
岳翔さんはこれからも大切に育てていきたいと話している。

(長野放送)