2016年の熊本地震で被災した夫婦の再出発。信州に移住し、5月、長野県白馬村にドーナツ店をオープンさせた。素材にこだわったドーナツは早くも人気だ。客の笑顔が二人の励みになっている。

SNSや口コミで人気に…夫婦で切り盛りするオールドファッション専門店

この記事の画像(16枚)

揚げたてのドーナツの香りが広がる。2022年5月にオープンした「OTTO donuts hakuba(オット ドーナツ ハクバ)」。

作っているのは棒状の生地を輪にして揚げた、いわゆるオールドファッション。その専門店だ。

ドーナツ作りの担当は楢橋広和さん(51)、妻の和希さん(50)は主に接客を担当している。

OTTO donuts hakuba・楢橋広和さん:
お客さまから「おいしいです」と言っていただけるのが一番うれしいです

開業して3カ月ほどだが、早くもSNSや口コミで人気が広がっている。

初来店:
一回は食べてみたいなと。きょうのおやつ、楽しみにしている

リピーター:
そんなに甘くなくて食べやすい感じ。白馬でもこういうのができて、(これまでは)遠くに行かないとなかなか買えなかったので

空き家を改装した小さな店は、夫婦の「再出発」の場所でもある。

地震で店を失い 下積み時代に逆戻り…諦めず再出発にこぎ着ける

 
 

2人は共に、イタリアンのシェフだった。
修業先の東京・日本橋の店で出会い、2000年に結婚。2011年には広和さんのふるさと・熊本市に移り、イタリアンの店を開いた。念願だった夫婦の店。末広がりで縁起がいいと、店名には数字の8を意味するイタリア語「OTTO」を使った。

しかし、5年後…。

2016年4月、最大震度7の熊本地震が発生。276人が犠牲となり、4万3000棟が全半壊するなど甚大な被害が出た。

提供写真
提供写真

店があった地域も震度6強の揺れに襲われ、入っていた建物が半壊。修繕は難しく、閉店を余儀なくされた。

夫・広和さん:
最初は悔しかったですね。夢が絶たれるというのはあったので、ほんとに悔しくて…。(開業)5年のお祝いをして、これからっていう気持ちが強い時期だっただけに、最初は何も考えられない…

提供写真
提供写真

以前勤めていた東京の店の紹介で、軽井沢のホテルで住み込みで働き、2019年からは白馬の宿泊施設へ。厨房に入ったり、ベッドメイキングをしたりと、下積み時代に戻ったような生活が続く中、再び店を持ちたいという思いが強くなっていった。

妻・和希さん:
人生には何があるか分からないなとつくづく思い、それを糧にというか…

夫・広和さん:
ホテルで働いていましたけど「自分で商売したいな」と、ずっとあったので

旬の野菜や果物も!信州の素材を生かした味「客の笑顔が喜び」

コロナ禍に入り、レストランの経営は困難が予想された。そこでテイクアウト需要を見込んで、熊本時代から作っていた「ドーナツ」の店を開くことにし、店名には「OTTO」を再び使うことにした。

夫・広和さん:
やっとスタートの地点に戻ったなというのが一番。これから少しずつ、いろんな方にドーナツを食べていただいて、少しでも幸せな気持ちになっていただければ、それが一番の私の喜びなので

こだわりは素材から。有機農法で栽培された上田産の小麦を、石臼で皮ごとひいて「全粒粉」にする。

夫・広和さん:
これを入れることで味に深みが出ますね、全然違う

これに薄力粉や強力粉をブレンドし、バターや卵、きび砂糖で優しい甘さに仕上げる。油を極力吸わせないよう、3分半ほどでカラっと揚げる。

一番人気のプレーン味(260円)を、記者が試食させてもらった。

記者:
油のしつこさもなく、口当たりも軽いです。優しい甘さの中から、小麦のいい香りも広がってきます

「白馬ならではの味を」と地元の野菜やフルーツを使ったドーナツもある。
表面が鮮やかな赤紫色のものは、白馬産のブルーベリージャムでコーティングした、ブルーベリー(250円)だ。

夫・広和さん:
白馬は温度差があるんですよ、昼間と朝晩。フルーツも野菜も味が濃くなるんですよね、糖分を出すので。ドーナツにはもってこい

このほか、季節に合わせトウモロコシやルバーブなど、旬の食材を使ったドーナツも提供している。

茨城から来店:
え、かわいい。めっちゃおいしい

店の横にあるベンチで、すぐに食べられる。

茨城から来店:
油っこくないからさ、(何個も)いけちゃうね。どれもおいしい。素材の味がして、甘すぎなくておいしい

夢を諦めず、店を「末広がり」にしようと、再び奮闘する楢橋さん夫婦。物語の続きが信州で始まった。

夫・広和さん:
ドーナツを食べる、くつろいでくれるお客さんが多く来てくれれば、それが私たちの喜び

妻・和希さん:
2人で一生懸命やってきたから、今、少し神様からご褒美をもらっているのかな。食べて、笑顔になってもらいたい

(長野放送)