“4630万円誤送金”口座仮押さえは2週間後…町の対応遅れに相次ぐ批判 「持ち金使い果たす」24歳男の素顔【山口発】
追跡ニュース 記者の目

“4630万円誤送金”口座仮押さえは2週間後…町の対応遅れに相次ぐ批判 「持ち金使い果たす」24歳男の素顔【山口発】

山口・阿武町で4,630万円が誤って振り込まれた問題で、24歳の男が逮捕・送検された。
小学校の卒業文集に「持ち金を使い果たす」と書いた男の素顔とは…。

地球最後の日が来たら「持ち金つかいはたす」

もしも、地球最後の日が来たら?
―持ち金を使い果たす

田口容疑者が書いた小学校の卒業文集
この記事の画像(15枚)

小学校の卒業文集に書かれた一言。このころから金への執着があったのだろうか?

5月18日の夜、電子計算機使用詐欺の疑いで山口・阿武町の無職・田口翔容疑者(24)が逮捕され、20日に送検された。幼いころ、「持ち金を使い果たす」と文集に書いた男だ。

田口容疑者は、町から振り込まれた新型コロナ関連の給付金4,630万円が、誤って入金されたものと知りながら、4月12日にスマートフォンのオンライン決済サービスを利用して、自身の口座から決済代行業者の口座に400万円を振り替え、不法な利益を得た疑いが持たれている。

人口約3,000人の阿武町で起きた給付金4,630万円の誤送金問題で、田口容疑者の銀行口座の記録を入手した。
給付金が入金される前の残高は、わずか665円。そこに4月8日、阿武町から本来受け取るべき10万円の給付金が入金。続いて問題の4,630万円が振り込まれ、残高は4,640万665円に増えている。

田口容疑者の口座に振り込まれた4630万円の記録

ミスに気づき、町の職員がこの日のうちに田口容疑者の元を訪れ、返金を求める。
一緒に金融機関まで行くが、田口容疑者は返金を拒否した。

田口翔容疑者:
説明の文章をくれ。きょうは手続きしない

しかし、口座記録を見ると、その日のうちに68万円が使われていたことが分かる。

田口翔容疑者:
ネットカジノを利用して、4,630万円すべてを使い切った

受け取った2日後には、1つの会社に一度で125万円余りを振り込んでいる。
その後も、この会社に限らず複数の会社に合わせて34回にわたり、高額な振り込みを繰り返し、残高は6万円余りに…。

田口容疑者の銀行残高は6万円余りに

いずれの会社もカジノの代行業者とみられ、出金の総額は4,630万円を超えていた。

阿武町長「“全て費消した”は信じられない」

この田口容疑者の逮捕に、取材に応じた阿武町の花田憲彦町長は次のように語った。

阿武町・花田憲彦町長:
驚いたというのが率直な気持ち。身柄が拘束され、証言が得られるようになったということは、お金を取り戻すひとつの足がかりができたんじゃないかなという。そういう気持ちはあります

さらに、田口容疑者の「ネットカジノ」という使い道について花田町長は…

阿武町・花田憲彦町長:
私としては、普通カジノ、ギャンブルというか知りませんが、そうしたことを負けるつもりでやる人はいないと思いまして。本人は「全て費消した」と言っているようですが、それは、にわかには私は信じられない

容疑者逮捕の一報に、町民からは様々な声が聞かれた。

阿武町に住む人:
普通の人間なら返すけど、お金に執着があるような方みたいだから、悪い人にあたったんやなと思う。お金が戻ってくるのが一番望ましいけど、その辺は分からないですね

阿武町に住む人:
返してほしい。常識的に返さないかんのじゃないですか

空き家バンク制度で移住「目立ったトラブルもなかった」

逮捕された田口容疑者とは、どういう人物なのか?
山口市出身の田口容疑者は、2020年10月に阿武町の空き家バンク制度を利用して県内から移住。1人暮らしをしていた。

田口容疑者に家を貸していた男性:
田舎暮らしをしたいって感じでしたね。変なところはない。変なところがあったら入れん(貸さない)。家賃もちゃんと頂いていた

目立ったトラブルもなかったという田口容疑者は、萩市内のホームセンターで働いていた。
それが4月中旬、突然退職を申し出たという。

田口翔容疑者:
阿武町の件で出頭する

田口容疑者は、社員として働いていた店を突然退職。「罪を償う」という田口容疑者の思いが、こうした行動につながったのか。

田口容疑者と接点があったという女性:
怖いとか、威嚇するような目つきとか、そういうのは全然感じませんでした。ここまで公になって、あなたの人生がおかしくなっているんだから、もし残っているお金があるなら早くお返ししなさいと、あなたのじゃないんだからって言いたい

警察の調べに対し、田口容疑者は「オンラインカジノで使った」などと容疑を認め、取り調べに素直に応じているという。

田口翔容疑者の担当弁護士は、給付金分の4,630万円の支払いについては争わない方針を明らかにし、田口容疑者に返還義務が生じることになった。弁護士費用など約500万円分に関しては、裁判で争うとしている。

一方、その後の取材で、田口容疑者が金を振り替えた口座について、町が裁判所に仮差し押さえを申し立てたのは、最初の接触から2週間以上あとだったことが分かった。
町には、対応の遅れなどを非難する声が相次いで寄せられているという。

(テレビ西日本)

テレビ西日本
テレビ西日本

山口・福岡の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 578
山口県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

追跡ニュース 記者の目の他の記事

看取りの時に「角膜」提供しませんか…失明の不安に希望の光を …

看取りの時に「角膜」提供しませんか…失明の不安に希望の光を …

ライフ
「あいつ逃げた!」「えっ?嘘やん」拾った財布をそのまま持ち逃…

「あいつ逃げた!」「えっ?嘘やん」拾った財布をそのまま持ち逃…

社会
「もう我慢しない」“生娘シャブ漬け”発言に声を上げた元受講生…

「もう我慢しない」“生娘シャブ漬け”発言に声を上げた元受講生…

社会
「炎上目当て、さすがにやり過ぎた」池袋暴走事故の遺族をSNSで…

「炎上目当て、さすがにやり過ぎた」池袋暴走事故の遺族をSNSで…

社会
祖国で稽古できない…相撲「ウクライナ代表」の故郷での合宿実現…

祖国で稽古できない…相撲「ウクライナ代表」の故郷での合宿実現…

スポーツ
「これでは奴隷制度」技能実習生暴行問題から見える“人権侵害”…

「これでは奴隷制度」技能実習生暴行問題から見える“人権侵害”…

社会
一覧ページへ
×