日本維新の会は、菅直人元首相が、維新の創設者、橋下徹氏の名前を挙げて「ヒトラーを思い起こす」と論評したことに対し、26日、立憲民主党に抗議文を提出した。

菅氏は21日、自身のツイッターに、日本維新の会の政策が新自由主義を目指すのか、福祉国家を目指すのか、「政治スタンスは曖昧」と指摘。そして橋下氏の名前をあげた上で「主張は別として弁舌の巧みさでは第一次大戦後の混乱するドイツで政権を取った当時のヒットラーを思い起こす」と投稿した。

これに対し、維新の藤田文武幹事長が26日、立憲民主党の本部を訪れて抗議文を提出した。
立憲の泉代表に対する抗議文では、「誹謗中傷を超えた侮辱と断じざるを得ない。国会議員としてはもとより、人として到底許されるものではない」として、今月中に投稿の撤回と謝罪をするよう求めている。

これに対し、立憲民主党は、菅氏本人にも伝え、代表ら幹部で対応を検討すると応じたということで、藤田幹事長は記者団に対し、「一国の首相を預かった方の発言だと思うとレベルが低い。その方が最高顧問をつとめる立憲民主党の良識を疑う」と述べた。

一方、菅氏は25日、「維新は私の発言について政党である立憲民主党に抗議をするという。抗議するなら私自身に対してすべきだ。しかし日本は自分の考えを表明することができない社会ではないはずだ」「私の維新に関するツイッターに、非常に多くの人から応援のハッシュタグが送られて来ています。応援ありがとう」と投稿している。

菅氏の投稿について、立憲民主党の幹部から「個人的見解を言えば不適切だった」との声も出ている。

政治部
政治部
記事 841