韓国軍は、きょう午前10時17分頃、北朝鮮が日本海上に弾道ミサイル一発を発射したと発表しました。

韓国軍によりますと、午前10時17分頃、北朝鮮の咸鏡南道、新浦一帯から日本海に向けて、未詳の弾道ミサイル一発が発射されました。
ミサイルの詳しい種類など詳細については、米韓の情報当局が精密に分析中としています。

北朝鮮は9月に入って新型の長距離巡航ミサイルや、列車から発車される鉄道軌道ミサイル、極超音速ミサイル「火星8」など次々に新型ミサイルの発射実験を続けていて、今回も新型ミサイルの可能性が出ています。
韓国の中央日報は軍消息筋の話として、SLBM=潜水艦弾道ミサイルが発射された可能性があると指摘しています。