小池知事が特別顧問を務める地域政党・都民ファーストの会が、次の衆議院議員選挙での国政進出に向けて新党の設立を発表しました。

国政新党「ファーストの会」は荒木都議が代表を務める(3日午後2時 千代田区)
この記事の画像(3枚)

東京都議会に会派をもつ地域政党・都民ファーストの会は、「このまま都政にとどまっていては、東京の未来も、そして地方の未来も、日本の未来も切り開くことが出来ない」として、国政進出に向けた新党「ファーストの会」の設立を発表しました。

荒木都議は「小池知事は出馬しない。相談しながら連携したい」と述べた。

新党の代表は都民ファーストの会代表の荒木都議が務め、「小池知事は出馬しない」とした上で
「相談しながら様々な連携をしたい」と述べました。今日から候補者の公募を開始し、現職の国会議員との連携も進める方針です。