「なんか静かだと思ったら…」と母親が気づいた時にはもう遅かった。子どもの思わぬ行動を捉えた様子が、TikTokで話題となっている。

母親のみーのすけさんがある日のお風呂上がりに、1歳の娘が静かだったので様子をうかがった先に見た光景がこちら。

後ろから前へ、右手でぬりぬりしているなのちゃん
後ろから前へ、右手でぬりぬりしているなのちゃん
この記事の画像(43枚)

頭をテカテカさせている娘の「なのちゃん」の姿。左手に保湿用ワセリン「プロペト」の容器を持ち、右手で頭にぬりぬりしている。そばに青色のフタがあることから、自分で容器を開けたようだ。

この様子にみーのすけさんは「頭がやばい!」と笑ってしまっている。一方で、まっすぐみーのすけさんを見ながらプロペトを塗りたくるなのちゃんは、どこか誇らしげにも見える。

どこか誇らしげに塗っているように見えるなのちゃん
どこか誇らしげに塗っているように見えるなのちゃん

これ以上塗るのを防ぐため、みーのすけさんは容器を取り上げようとするが、なのちゃんは「いやあぁぁ~~」と容器を遠ざけ、体を振って拒否。

容器を回収しようとするも、なのちゃんは拒否
容器を回収しようとするも、なのちゃんは拒否

そして再度、容器からプロペトを手に取り、頭へぬりぬり。思わず「あ~」と声を漏らすみーのすけさんに、なのちゃんはニヤリと不敵な笑みを見せていた。

ニヤリと笑みを見せるなのちゃん
ニヤリと笑みを見せるなのちゃん

このなのちゃんの思わぬ行動を捉えた22秒の動画は、父親・こきをさんと母親・みーのすけさんの共同TikTokアカウント「みーのすけ物語」(@mi_nosuke10)に「頭テカテカ事件」とのコメントで投稿されている。

動画には「めちゃくちゃ可愛い~」「静になってる時ほど怖い時はない爆笑」「子育てあるある」といった声が寄せられ、多くの人へ笑顔を届けており、21万8000のいいねがつく話題となっている(8月16日時点)。

「こんな事ができるようになったんだ!」と驚き

頭のテカテカ具合にはビックリするものの、思わず笑ってしまう姿のなのちゃんだが、その後は無事に容器を返してくれたのだろうか? 

母親のみーのすけさんに話を聞いてみた。


ーープロペトはなのちゃんに使っている物なの?

毎日、1・2回/日、娘の全身に使っています。父(こきを)が塗る時はイタズラ心もあり頭に塗ってモヒカンヘアーにすることもあります。普段(事件前)はオムツ・小物入れの中に入れていました。


ーーでは、テカテカになったなのちゃん発見時の状況を改めて教えて。

娘は先天性の病気でストーマがあり、ちょうどこの日はストーマパウチ交換もお風呂の時に行いました。お風呂上がりにパウチを貼ってプロペトで保湿して服を着せて、先にゴミや衣類の片付けなどをしていました。その際、プロペトの容器はフタをした状態で娘の近くに置きっぱなしにしてしまっていました。

チラリとみーのすけさんを見るなのちゃん
チラリとみーのすけさんを見るなのちゃん

普段は私(母)について来たりおもちゃで遊んだりしているのに、この日は静かに座っていたので「何してるのか?」と思って見てみたら、頭に丁寧にプロペトを塗ってテカテカになっていました。
 

ーー見た時の心境は?

はじめは「何事!?なに塗ってるの!?」と焦りましたが、よく見たら自分でプロペトのフタを開けて、頭に丁寧に塗っていたので「こんな事ができるようになったんだ!」と驚きました。


ーー回収しようとすると「イヤイヤ」されていたが、その後はどうしたの?

お風呂上がりに用意していた飲み物を渡すと、プロペトの容器はすんなりポイっと放られたので回収できました。

ベタベタの頭については、もう一度お風呂に入れることも検討しましたが、プロペトは塗りすぎても悪いものではないのでそこまでしなくていいだろうという話になり、ある程度ティッシュで拭き取り、ついでに私(母)の手足にも塗りたくり、取りきれなかった分は諦めました。そのまま布団で寝て、翌朝にはいつもの頭に戻っていました(布団もベタついてはいませんでした)。

しっかり持っていた容器は無事に回収できたという
しっかり持っていた容器は無事に回収できたという

イタズラではなく、両親のまね

ーーなのちゃんはどのような子?

性格は慎重派です。初めて見るものは私たちの手を使って触らせようとしてきます。先日、初めて川へ行った時も、はじめは父(こきを)の手を持って水を触らせていて、慣れてから少しずつ自分でも水に触れられるようになっていました。

父(こきをさん)に水を触らせようとする様子
父(こきをさん)に水を触らせようとする様子

話が少し逸れますが、先ほども述べたように娘は先天性疾患があり早産かつ低出生体重児で、これまで入退院や手術を何度も繰り返しており、発達もゆっくりです。そんな娘と自宅で一緒に生活できることや、その中で今回のようないろんな成長を見せてくれることへの喜びは、親として人一倍感じています。
 

ーーなぜこんなことをしたのだと思う?

今回の事件に関しては私たちとしてはイタズラだとは思っていません。毎日自分達がしていた“プロペトのフタを開けて中身を取って体に塗る”という動作が、こんなにしっかりマネしてできるようになり、成長したな〜と思いました。


ーー投稿が話題となっている事に対しては、どう感じている?

非常に多くの方に見ていただきとてもびっくりしています。コメントでは、たくさんの“こんな経験がある”というのを読ませていただき、今回の事件のような事は子育てあるあるなんだなと感じました。

さらに、そこから私たちのYouTubeやInstagramも見ていただき、娘の病気のことや子育ての事などについてメッセージをくださった方もたくさんいらっしゃったので、自分達にとって人との繋がりのきっかけにもなれたのではないかと思います。

なのちゃん一家
なのちゃん一家

今では、なのちゃんにフタを開けてもらい一緒に塗る練習

ーーちなみに、その後は置き場所を変更したりはした?

保管場所を留め具付き救急箱(普段から医療処置関係の物品を入れている)の中に入れ、娘の手の届かない場所へ変更しました。

現在のプロペトの保管場所
現在のプロペトの保管場所

今回の「頭テカテカ事件」は、日々の動作をまねるというなのちゃんの成長の一場面を捉えたものだった。

なお、みーのすけさんによると、今回の出来事を機に今ではプロペトを塗る時になのちゃんにフタを開けてもらい、一緒に塗る練習をするようにしているのだそう。容器を渡すとフタを開けて、まずは自らの頭に塗り始め、最近は両親の手にも塗ってくれるようになったという。

プロペトを塗る練習 両親の手に塗ってくれるようになったそう
プロペトを塗る練習 両親の手に塗ってくれるようになったそう

時に親を驚かすのが子どもの成長だ。これからもなのちゃんは両親へ驚きと喜びを届けてくれることだろう。