長野県は、新型コロナウイルスの感染者が多数発生している地域との往来について、感染防止策を徹底するよう県民に呼びかけています。

県は16日、栃木県を対象の地域に追加し、往来の際は「慎重な行動を」とるよう呼びかけました。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者が「2.5人」を上回ったためで、栃木県のほか、宮城県、群馬県、千葉県、愛知県、福岡県が対象となっています。

一方、新規感染者が「5.0」を上回る、東京都、神奈川県、大阪府、沖縄県については、「往来の必要性を改めて検討するよう」呼びかけています。