金正恩氏が対話路線へ転じ 米朝首脳会談開催へ

金正恩が対話路線に転じた。
トランプ大統領も会うと決めたようだ。
ただし金正恩は、北に対する軍事的脅威の解消、北の体制の安全の保証の二つの条件が満たされれば、核保有の理由はないという言い方をしている。

つまり「お前が先に銃をおろせば俺もおろす」と、これまでついてきたウソを繰り返しているだけ。
一方「殺さないでくれ」と命乞いもしているのは注目だ。

これに対するトランプの第一声は「非常に前向きだ。世界にとって素晴らしい」。
あまりに無防備、幼稚で驚いた。

その後ペンス副大統領はじめ高官が「北には二度と騙されない」と言っているので大丈夫だとは思う。

ずる賢い戦略に騙されるな

日本の野党やマスコミも「戦争回避でよかった。安倍の強硬姿勢は間違いだった」などと能天気なことを言っているが、トランプ以上に幼稚だ。

正恩は「対話中はミサイルを撃たない」「米韓軍事演習は予定通りやってもらって構わない」と言ったらしい。
制裁が効いて相当追い込まれているのではないか。
結構利口な奴だ。

文在寅も「制裁を解除しない」と言っている。
やはり対話に突っ走っても、日米がついてきてくれないことを理解しているのだろう。
ずるいが、こいつも利口だ。

大体幼稚な人は、ずる賢い人にだまされるので注意しないといけない。

金正恩よ 先に銃をおろしなさい!

結論から言うと、日米が頑張って中国も参加した国際的な包囲網に正恩は相当参っている。
だから対話するしかない。
であれば、我々の取るべき態度は簡単で、さらに正恩をいじめるだけだ。

 先に銃をおろしなさい、と、そうしないと何も始まらないよ、と言うしかない。
具体的にはIAEAの核査察を受けさせる。
たぶん北は四の五の言ってなかなか受けないだろう。
そこで甘い顔をしてはいけない。

ただし金正恩が本当に銃をおろしたら、その時は話し合う時だ。
くれぐれもタイミングを間違えないように。
そこは安倍首相は大丈夫だろうとは思うが…。

それにしても国会は森友とかやってる場合じゃないぞ。