辛くておいしい伝統の味。11月になり、長野県坂城町で「ねずみ大根」の収穫が最盛期を迎えている。その辛味の効いたおろし汁で食べる「おしぼりうどん」も、まさに旬の味。町を挙げて盛り上がっている。

ねずみ大根 収穫最盛期

温かいうどんを、辛い大根のおろし汁につけて…

客:
んん…辛い

この記事の画像(17枚)

坂城町の郷土食「おしぼりうどん」だ。

上田市から:
おいしいんだけど、辛いのがきますね。大根とれる時期だから(食べるなら)今ごろじゃないですかね

おしぼりうどん
おしぼりうどん

この時期、店には県内外から多くのファンが詰めかける。おしぼりうどんに欠かせない、あの大根のおいしい時期を知っているからだ。

びんぐし亭・矢幡和香子さん:
寒くなってきたけど、みんなに食べてもらって体、温めてほしいな。やっと、ねずみ大根の時期が来た

坂城町特産の「ねずみ大根」。10月から12月にかけてが収穫期だ。

びんぐし亭・矢幡和香子さん:
いい大根ができてますね

びんぐし亭の店主・矢幡さんは、町内の生産者でつくる「振興協議会」会長も務めている。この時期は店に畑にと大忙し。今年は天候にも恵まれ豊作だという。

びんぐし亭・矢幡和香子さん
びんぐし亭・矢幡和香子さん

びんぐし亭・矢幡和香子さん:
出来栄え、とってもいいです。味的にも辛いです。本来のねずみ大根の姿が、今年はとれて味わえる

江戸時代から伝わる「伝統野菜」

ふっくらとした形と尻尾のような細い根が「ねずみ」を連想させることから、その名がついたと言われる「ねずみ大根」。江戸時代、長崎から伝わったとされている。

小石混じりの坂城の土壌が栽培に適していたことから地域に根付き、2007年には「信州の伝統野菜」に認定された。

俳人・松尾芭蕉が「更科紀行」で詠んだ、「身にしみて 大根辛し 秋の風」は、この地で詠んだ句とも言われている。

町を代表する特産品ということで…

町のマスコットキャラクター「ねずこん」は、ねずみ大根がモチーフだ。町を挙げてPRに力を入れる一方で、心配な側面もある。
高齢化が進み、この10年で生産者は35人から23人と10人以上も減少している。

ねずみ大根を盛り上げよう…収穫体験やスタンプラリー

そこで、ねずみ大根を盛り上げようと10年ほど前から「祭り」を開催。収穫体験には、今年も多くの人が参加した。

千曲市から:
楽しい。食べるのも好き

長野市:
ご近所に分けたり大好きで、待ってるんです、この時期を

収穫体験のあとは、直売所の食堂でおしぼりうどんに舌鼓。

長野市から:
辛さが刺激的で、なかなかこういう味が味わえないのでおいしい

びんぐし亭・スタッフ:
今キャンペーンで、おしぼりうどん頼んだ人には、はがきがついてまして…

おしぼりうどんを提供する町内の8店舗では「スタンプラリー」が始まっている。
1杯につき1つもらえるスタンプを3つ集めると、ねずこんグッズなどが抽選で当たる。

びんぐし亭・矢幡和香子さん:
(スタンプラリーで)より多く、おしぼりうどんを試してほしいし、各店舗でうどんの感じも違うので、『これはおしぼりに合うね』とか

とれたてが一番…ガツンと辛い

矢幡さんの店で調理の様子を見せてもらった。作り方は至ってシンプル。

皮をむいた大根を、おろし金ですりおろしていく。大根の繊維が壊れることで辛さが増すということだ。

びんぐし亭・矢幡和香子さん:
大根自体が辛いから、それですってるから、もっと辛くなる。おろしていても辛いにおいが、すごくくる

そして、大根おろしを…

びんぐし亭・矢幡和香子さん:
しぼることから、おしぼりうどんと

おしぼりうどん(釜揚げ/ざる)850円

収穫後、時間がたつと辛味が落ち着いてくるため、「とれたて」を使う今の時期が一年で最も辛いそうだ。

びんぐし亭・矢幡和香子さん:
とれたて、すりおろしたて、しぼりたては、本当に辛いと思う。ガツンと辛いのは今なので、ぜひ召し上がってほしい

客:
坂城の『ねずみ』が一番辛い

客:
他には味わえない独特な大根の辛さで、体があったまりますよ

かき揚げにすると甘い

店では、おしぼりうどん以外の味わい方も提案している。ねずみ大根とニンジンを細切りにして、カラっと揚げた「かき揚げ」だ。

(ねずみ大根のかき揚げ300円)

調理担当スタッフ:
火を通すとサツマイモっぽく、芋けんぴっぽくなります。甘味がちょっと出る

熱を加えると甘味が増すそうで、辛味が得意でない人にもと、5年ほど前から提供している。

初めて食べた人は…

「かき揚げ」初体験:
甘いです!全然辛くなくて。大根の甘みがすごく出ていて、うどんの方は辛いんですけど、ちょっとびっくり。全然違う味で

ねずみ大根で町に活気を

一つの野菜が地域の味となり、多くのファンを生んでいる坂城町。生産者でもある矢幡さんは、この伝統がいつまでも続くよう願っている。

びんぐし亭・矢幡和香子さん:
大根で活気が出るって面白い町ですよね。町を挙げて、小さい坂城町にねずみ大根のおしぼりうどん、食べに来てくださいって。この辛さは、ねずみ大根でしか味わえないと思う。食べて(次世代に)つなげていただければ一番うれしい

(長野放送)