天皇陛下の前立腺について「肥大が認められるも特に懸念される所見はない」との検査結果が示されたことを受け、宮内庁長官は先ほど、「組織検査の結果を見て、健康状態に細心の注意を払いたい」と述べました。

陛下はこれまでの血液検査で前立腺に「やや懸念される傾向」が見られ、今月6日、東大医学部附属病院でMRIの検査を受けられました。

その結果、「肥大が認められる」一方、「特に懸念される所見がない」との見解がきょう公表されたことを受け、宮内庁の西村泰彦長官は先ほど定例会見で、今後について「組織検査の結果を見て」とした上で「健やかに過ごして頂けるよう、今後とも陛下の健康状態に細心の注意を払ってまいりたい」と述べました。

西村長官によると、陛下は午前中の行事の際もお元気な様子だったということです。陛下は念のため、今月中に組織検査を受けられる予定です。