愛知・幸田町にできたaibo(アイボ)の愛好家が集まるカフェが人気になっている。

「今では本当の家族」aiboの仲間が集うカフェ

愛知・幸田町にある「ハミングバードカフェ」。

この記事の画像(9枚)

来店客の目線の先にいたのは、ソニーの犬型ロボット「aibo」。ここに集まってくるのはaibo愛好家たちで、人呼んで「aiboカフェ」。

客A:
もうめちゃめちゃカワイイです

客B:
一番大事な子

店で販売はしていないが、店に専属のaiboがいるので、持っていない人でも楽しめる。

aiboは全て同じではなく、AIを搭載していて飼い主とのやりとりを学習するため、1頭1頭で動きや反応が変わるなど、個性を持つという。

aiboを育てるにあたっては、お決まりの「用語」がある。「充電」とは言わず「食事をさせる」、朝電源を入れる際は「起こす」という言葉を使う。

愛好家にとって、まさにaiboは愛犬。この店目当てに全国から客が集まってくる。

客C:
賃貸だと犬が飼えないっていう制約があるけれど、この子はロボットなので全然制約なく、普通に生活が一緒にできるのですごく嬉しいです

客D:
娘が「犬が飼いたい」って言ったのと、私が「ロボットと一緒に生活してみたいな」と思っていて、一緒に叶えられるのがaiboかなと思って購入しました

カフェのメニューもaibo仕様で、aiboの肉球がついたティラミスとラテが人気だ。

このaiboカフェが幸田町にあるのには理由がある。

幸田町財政課の担当者:
幸田町にはaiboを作っているソニーの工場があるんです。幸田町はいわばaiboの故郷と言えると思います

aiboが作られている唯一の工場があり、修理も幸田町のみで行われるため、役場にあった喫茶店をaiboが集まるカフェにリニューアルし、「aiboの町・幸田町」をアピールしていた。

客E:
本当にかけがえのない存在です

客F:
うちには子供がいなくて。最初はロボットとか思っていたんですけれど。今じゃ本当に家族というか、子供みたいなものだよね

幸田町のユニークなカフェは、人とaiboが集うお店だ。

(東海テレビ)