寿司ネタになる魚が自由に店内を泳ぎ回る、水族館のようなお寿司屋さんが子供たちに人気と聞き、取材した。

お寿司を通して、海や魚に興味を持ってほしい

愛知県を中心に25店舗を展開する、回転寿司の魚魚丸(ととまる)。

この記事の画像(10枚)

エンタメ系回転寿司として有名で、この日はタイを豪快に火であぶる「わら焼きパフォーマンス」も行われていた。

タイを豪快に火であぶる「わら焼きパフォーマンス」
タイを豪快に火であぶる「わら焼きパフォーマンス」

他にも「マグロの解体ショー」など、活気のあるイベントが人気だ。

そして、店内で今行われているのは…。

店長:
AR水族館といって、店頭や待ち合い、お席に掲載中のポスターやポップにあるQRコードを読み取っていただくことで、魚介類が泳ぐ「デジタル水族館」が楽しめるようになっています

QRコードを読み込んだスマホを店内でかざすと、スマホ画面が水族館に早変わり。デジタルの魚が自由に店内を泳ぎまわるようになる。

ポスターのQRコードを読み込み、スマホを店内でかざすと…
ポスターのQRコードを読み込み、スマホを店内でかざすと…

スマホの中で泳ぐ魚は、寿司ネタの定番約10種類。店内を360度、スマホをかざすだけで色んな魚介類に出会える。

客A:
泳ぎのスピードとかも違っておもしろいですね

客B:
カニ、カニがいる!お皿を切ろうとしてるんだけど

客C:
子供も「お魚泳いでいる」とか、休日に家族で来てこういうのはいいなと

また、寿司ネタが載った10種類の「ARおさかな図鑑」のカードが無料で配られ、QRコードを読み込んでカードの寿司ネタにスマホをかざすと、その魚の情報を表示してくれる。

寿司ネタが、海でどんな姿で泳いでいるのかを知ることができる。

子供に楽しみながら海のことも学べる機会を提供したい、という思いで店が始めた「デジタル水族館」。魚魚丸・金の魚魚丸などグループ全店で、10月10日まで開催されている。

(東海テレビ)