名古屋市中区の松坂屋に、ユニークなキャンディショップがオープンした。

映え必至…“可愛い”ロリポップから“不気味な”脳みそまで

名古屋市中区の松坂屋名古屋店に、8月9日オープンしたキャンディショップ「パパブブレ」。

この記事の画像(12枚)

店内には、10種類以上のフルーティーなキャンディの詰め合わせや…

SNS映え間違いなしのロリポップが。

また、全国の系列店舗に先駆けてハロウィーン商品も先行販売されていて、お化けやカボチャのロリポップ、脳みそマシュマロなどユニークな商品が並んでいた。

パパブブレの特徴は、その土地でしか買えない限定キャンディ。オープンした栄店でも、松坂屋の2階フロアにいる看板猫をイメージした限定商品が販売されている。

何と名古屋名物「手羽先」までキャンディに。甘辛くコショウを効かせたスパイシーな味付けになっているという。

そんなパパブブレのもう一つの特徴は、目の前で繰り広げられるキャンディの製造パフォーマンス。

豪快にキャンディを練り、色違いで重ね合わせていく。機械を使わず、すべて手作業で1本の太いキャンディに。

華麗な手さばきでカットして完成だ。

客A:
見ていて楽しいです

客B:
どんな形になるのか楽しみで、すごいなと思いますね

オープンを記念して、9月18日までキャンディカットを体験できるイベントも行っている。

パパブブレの担当者:
実際にお客さまご自身でカットを体験していただいて、キャンディの楽しさをもっと広めていければと思います

(東海テレビ)