名古屋市でデジタルアートを楽しむイベントが開かれている。

ピカソもウォーホルも不要? AIが描いた絵画

「思ひつつ 寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを」

小野小町が愛する人を思い詠んだ歌をテーマにAIが描いた作品
小野小町が愛する人を思い詠んだ歌をテーマにAIが描いた作品
この記事の画像(11枚)

これは平安時代の歌人、小野小町が愛する人を思って詠んだ歌。この歌をテーマに作られたデジタルアート作品は、なんとAIが描いたという。

名古屋市名東区のマンション「Grande Souche Kamiyashiro(グランドスーシュ上社)」の一角にあるイベントスペースで開かれている「Non Fungible Chronicle(ノン・ファンジブル・クロニクル)」。NFTのアート作品が展示されている。

「NFT」とは暗号資産とは異なり、コピーできない独自の価値を生み出すトークンのことだ。NFTのリアルなイベントは最近増えてきているが、名古屋での開催や今回のようにファミリーで参加できたり、地域に密着した会場で行われるのはまだ珍しい。

ただ、来場したのは地元の人だけでなく、国内では北は北海道、南は九州から、またアメリカや台湾から来た人もいたといい、関心は広がっていることがわかる。

来場者は全国から アメリカや台湾から来た人も
来場者は全国から アメリカや台湾から来た人も

週替わりで展示されている約150人のアーティストの作品は全てNFTで、デジタルアートとしてオープンシーというNFTのプラットフォームで売買されている。

メインアーティストの1人は、「19(ジューク)」としても活躍した「326(ナカムラミツル)」さん。愛に溢れたメッセージが添えられた37作品がデジタルサイネージに次から次へと表示されていく。

326(ナカムラミツル)さんの作品
326(ナカムラミツル)さんの作品

会場が名古屋ということもあり、金のしゃちほこやエビフライをモチーフにしたキャラクターも登場していた。

もう1人のメインアーティスト、窪田望さんの作品はAIを使った最先端の技術が使われている。

文字を入れるとAIが自動的に絵を制作 窪田望さんがシステムを開発
文字を入れるとAIが自動的に絵を制作 窪田望さんがシステムを開発

窪田さんが開発した、文字を入れるとAIが自動的に絵を作ってくれるシステムを使って、今回は小野小町らが「恋愛」をテーマに詠んだを元に作ったアート5枚が展示されている。

テーマは同じ恋愛を謳った和歌でも、色彩は赤にピンクに白。濃淡も異なり、人や建物のようなものが描かれているものもあれば、そうでないものもあり、それぞれに違った印象を受ける。

また、会場ではワークショップも開かれていて、自分が描いた絵がデータ化されて後日、1枚のモザイクアートにしてNFT化し、チャリティーオークションにかけることにしている。売上は子供の教育に活用してもらうため、名古屋市に寄付する予定だ。

来場者が参加できるワークショップの作品は、チャリティーオークションに
来場者が参加できるワークショップの作品は、チャリティーオークションに

この絵画の中にあったのが、EXILEの関口メンディーさんの作品。イベントの趣旨に賛同して来場し、絵を描いていったという。

イベントの趣旨に賛同して来場 EXILE 関口メンディーさんの作品
イベントの趣旨に賛同して来場 EXILE 関口メンディーさんの作品

イベントを主催している「Media DAO(メディアダオ)」の代表・かねりんさんは「NFTの活用は多分、まだ全体の1%もされていないと思う。こうしたイベントでたくさんの人に興味を持ってもらって、ビジネス化や社会課題を解決していきたい」と話している。

イベントは名東区上社グランドスーシュ上社で、8月26日(金)27日(土)28日(日)の11時から18時半まで開かれる。

またメタバース上にも名古屋城をモチーフにした会場があり、約200の作品も楽しめる(メタバース会場は8月31日23時59分まで)。

(東海テレビ 報道部WEBニュースデスク 佐藤岳史)