愛知県長久手市に住む小学1年の女の子が、1日限定のリサイクルショップをオープンした。自分で商品を集め、売上は寄付に。人や地球のことを思う”SDGsな少女”を取材した。

きっかけはミュージカルのお話…ポイ捨てのゴミから地球を救え!

ズラリと並んだ絵本におもちゃ。ここはレンタルスペースに作られた1日限定のリサイクルショップだ。

この記事の画像(10枚)

店長は、愛知県長久手市に住む小学1年生の佐藤千咲芸さん(7)。友達からは、ちいちゃんと呼ばれている。リサイクル品はすべてちいちゃんが集めた。

売上はすべて子ども食堂に寄付。人の役に立ちたいと奮闘した。

夏休みの間、ミュージカルの練習に励むちいちゃん。リサイクルショップを始めようと思ったきっかけにもなった。

佐藤千咲芸さん:
ミュージカルの発表会でね、最後にお菓子のお店がリサイクルショップになるっていうお話なんだけど。お母さんに、自分がいらなくなってゴミをポイってするとゴミだらけになる、地球がなくなっちゃうって教えてもらったから。リサイクルショップは素敵だなと思って

ちいちゃんは2カ月かけて、ミュージカル仲間や学校の友達に中古品の寄付を呼びかけ。

チラシもお母さんに教えてもらいながらパソコンで作った。

千咲芸さんの母親:
ちゃんと自分の言葉で企画を伝えてお願いして、実際に協力してもらうというのをどんどん形にして切り開いていくところは、1年生にしては頼もしいなと思っています

しかし、7歳ゆえ一番困ったのは商品に値段をつけること。子供が買うことができて寄付するお金が集まるような価格にするため、ミュージカル仲間のお姉さんたちに助けてもらった。

佐藤千咲芸さん:
売上は子ども食堂に寄付する。子供たちも助かるし、お金をもらうといっぱいご飯が食べられるし、子ども食堂にいる大人たちも助かると思う

そして迎えたリサイクルショップ当日。最終的に集まったリサイクル品は約500点。値段は50円から400円までとお手頃に設定できた。

児童館などにチラシを配ったことで、90人ほどが来店。

訪れた客A:
売上が子ども食堂に寄付されるということで、それがすごくいいなと思ったので。寄付されるのもうれしいし、子供のおもちゃも見られるし

訪れた客B:
それぞれに似合う色をちいちゃんが決めてくれて。「この色いいんじゃない」という感じで、「じゃあこれ買います」と決めました

200点ほどが売れ、売上は約2万5000円になった。

Q. 今後の活動予定は?

佐藤千咲芸さん:
あと2万1000回くらいやる。次はお母さんたちがいない子供たちに、おもちゃをあげる

地球のため人のため、リサイクルショップを開いたちいちゃん。今後も定期的に活動していくつもりだ。

(東海テレビ)