新型コロナの感染者急増に伴い、患者が病院に行くのではなく、ドクターが患者の自宅を訪問する自宅診療の依頼も増えている。往診の様子からは、急増の背景も見えてきた。

第7波の予兆か…「50歳未満の患者が多い印象」

7月1日、防護服を来た医師が向かった先は、名古屋市内に住む3歳の男の子のもと。父親が男の子の症状について、「せきが出て、声がガラガラで、たんが出ます。体温はさっき測って、36.9度から37.1度」と説明する。

この記事の画像(9枚)

「家来るドクター」の医師:
痛いところはない?大丈夫そうですね。お薬を5日分出しておけばいいかなと思うので

診断の結果、コロナではないということで、しばらく様子を見ることになった。

「家来るドクター」の医師:
バイバイ、寝ると元気になるよ

愛知県北名古屋市のクリニックに事務所を置く「家来るドクター」。医師約50人が登録し、病院が診療時間外となる夜間と休日に、医師が往診に向かう。

第7波とされる中、コロナの感染状況は、愛知県内での自宅療養者が1万7千人を超え、学校や保育園などではクラスターが増加している。家来るドクターへの往診依頼が急増し、先週からは多い日で70件以上になったという。

「家来るドクター」の医師:
6月上旬と比べて、7月上旬は1.3倍〜1.6倍まで往診件数が増えています。熱だったり、喉の痛み、鼻水、せき、そういった症状が多いですね。(コロナ検査の陽性者率は)今は約50%くらいですね

往診エリアは名古屋市と尾張地域など。午後7時から、医師とスタッフで患者の自宅へ向かう。

「家来るドクター」の医師:
家来るドクターです、よろしくお願いします

感染対策のため、診察はドアを開けたまま、玄関で行う。診察の依頼者は名古屋在住の30代の母親と7か月の息子で、2人とも38度を超える発熱があった。

母親A:
(息子は)たまにせきがひどくなって、母乳を吐き戻すみたいな

家族がコロナ陽性になり、2人もせきや頭痛などを訴え、抗原検査を受けることに。結果は、2人とも「陽性」だった。

「家来るドクター」の医師:
授乳とかはもう終わっている?ロキソニンとカロナールの薬があって、子供には授乳する時はカロナールがいい。隔離をすごく厳密にやられる方もいますけれど、しばらくですね…保健所の方には僕らの方から連絡しておきます

母親A:
病院に行けなかったので助かりました

感染第7波と言われる状況。感染者の傾向はあるのだろうか。

「家来るドクター」の医師:
若年者が多いですね。50歳未満の患者さまが非常に多いと思います。そこから、お子さんから同居されているご家族、おじいさま・おばあさま、そういった形で伝染している。皆さんの感染意識が少し緩まったタイミングでまた起きている印象もあるので。変異株の出現によって、感染がまたさらに起きているんじゃないかなと思います

39.8度の発熱… コロナ?熱中症?区別は

コロナに加えて、この時期に心配なのが、熱中症だ。

母親B:
息子がしんどいようで

「家来るドクター」の医師:
お家に上がらせていただいてもよろしいですか?

12歳の男の子が発熱。体温計は39.8度を表示した。

母親B:
熱中症かなと思って…。すごい熱が

鼻の中に綿棒を入れて、粘液を採取。検査キットに入れると、5分もたたずに結果が出た。コロナは陰性だった。

「家来るドクター」の医師:
熱が下がったらだいぶ楽になるかなと思うので、解熱の鎮痛薬、大人も使えるようなお薬を出しておきます

発熱を伴う「新型コロナ」と「熱中症」。どう区別して対応すればいいのか?

「家来るドクター」の医師:
まず熱が出たら、熱中症じゃなくてコロナを疑っていただく方がいいかなと思います。コロナであれば、喉の痛みや鼻水、せきが出てくるはずです。まずPCR検査だったり抗原検査を受けられた方が、望ましいかなと思います

7月12日の愛知県の新規感染者数は6082人で、前週の同じ曜日と比較して2.5倍以上となった。6月下旬から増加傾向にあったが、それが緩やかに見えてしまうほどの急激な増加だ。

家来るドクターの福井医師は、外出するときは熱中症への警戒も必要とし「マスクは付けず、なるべく周囲と距離を取ってしゃべらないように」と話している。また「密閉空間で人が集まるところでは、室温をしっかり下げてマスクを着用することが望ましい」としている。

(東海テレビ)