2015年、長野・佐久市で当時中学3年生の男子生徒が車にはねられ死亡した事故で、異例となる3度目の裁判が始まった。
被告の男は、わき見運転などの罪で執行猶予付きの判決が確定したが、両親が再捜査を求め、検察が新たに「ひき逃げ」の罪で起訴した。
母親は「7年間、加害者の犯した罪に見合う刑を与えることができなかった。非常につらい時間だった」と話している。

事故が起きたのは2015年3月。佐久市の横断歩道で当時中学3年生の和田樹生さんが車にはねられて亡くなった。御代田町の会社員・池田忠正被告(49)は、必要な救護などをせずに現場を立ち去ったとして、道路交通法の「ひき逃げ」などの罪に問われている。

亡くなった和田樹生さん(当時中学3年生)
この記事の画像(10枚)

両親の“執念”…時効直前「ひき逃げ」で起訴

1回目の裁判では自動車運転処罰法違反の罪で禁錮3年、執行猶予5年の判決を受けた。
その後、両親が独自に調査し、速度超過と不正改造の罪で2度目の裁判が開かれたが、それぞれ棄却、無罪の判決が言い渡された。また、一番強く求めていた「ひき逃げ」については、検察は2018年に不起訴処分とした。
納得がいかない両親は、その後も目撃情報などを集めて再捜査と起訴を検察に求め、2022年1月、検察は「ひき逃げ」の罪で起訴に踏み切った。時効直前の異例の起訴だ。

両親の執念が実ったともいえる今回の裁判。裁判への思いを取材した。

事件を巡る経過

息子の夢は海外で仕事 しかし…「被告が現場を離れなければ」

樹生さんの父親・和田善光さん(50)、母親の真理さん(51)。樹生さんが生きていれば、大学を卒業し社会に出ていく年だった。

母・真理さん:
樹生は海外で働くことが夢だったので、自分の思い描いていた夢を見つけて社会に出て働いていたのではないかなと

母・真理さん

今回のひき逃げでの起訴は、両親が強く訴えてきたものだった。

母・真理さん:
私たちにとっての事件から7年というのは、加害者の犯した罪に見合う刑を与えることができなかった。刑を求め続けてきた7年間だったので、その分、非常につらい時間でした。
これが起訴されなかったら、すべてが嫌になってしまいそうな自分がいたので、寿命が少し伸びたような、命が少し先につながったなというような思いだった

父・善光さん:
時効までの時間が差し迫ってくる中で、どういうふうな結果になるのか。焦りというか、常にそういった気持ちにさいなまされてきて、ようやく今回の話を聞いたときにホッとしたと同時に、スタートラインに立てただけ

被告が現場を離れなければ、息子の命は助かったのではないかという思いは今も強くある。
2度と同じような悲劇が起きてほしくない。今回の裁判で真実が明らかになることを、息子・樹生さんに報告したいと願っている。

事故現場(2015年 長野県佐久市)

「樹生見守って…」裁判で真実を明らかに

父・善光さん:
(真実を明らかにすることは)唯一、「息子のためにできる最後で最大のこと」だと信じて、ここまできた。しっかりと、この裁判の行方というものを樹生に見守ってほしいと。
「ここでホッとするな」と樹生からも言われていると思うので、裁判の行方をしっかりと見守りたいと思う

樹生さんが身に着けていた帽子や靴など

母・真理さん:
被害者の生命を第一に考えていただいた判決をいただいて、のちの被害者が少しでも救われるような形で公判が終われれば、樹生にもいい報告ができるのでは

被告はあいまいな供述、謝罪なし

6月15日の初公判は両親も見守った。

裁判で検察側は、「被告は樹生さんをはねた後、車を止めて横断歩道を確認し靴などを見つけたが樹生さんは見当たらず、近くのコンビニエンスストアに行った」「コンビニエンスストアに行ったのは、飲酒運転を隠そうと口臭対策の商品を買ったため」と指摘。
「事故から6分後、再び現場に向かい、その後、樹生さんを見つけたものの、それまで警察や消防に通報はしていない」などとした。

一方、被告は最初の罪状認否で「起訴内容に間違いありません」と話したが、その後、「現場に戻ってから救護した」と主張。弁護人も「ひき逃げは成立しない」と無罪を主張した。被告自身もあいまいな供述で、謝罪などの言葉もなかった。

「この7年、全く反省もせず…」

父・善光さん:
被告人には胸に手を当てて、しっかりと事件を見つめ直して、自分なりの意見が聞かれると思っていたので非常に残念

初公判(長野地裁 2022年6月15日)

母・真理さん:
この7年、どういう気持ちで過ごしていたのか、全く反省も更生もせずに過ごしてきたんだなと、きょうとても実感した1日でした。無罪を主張するということは、その行為を全く反省していないということだと思いましたので、この7年、被告人がこのくらいいいだろうという気持ちで過ごしていたら、とても残念な気持ちになりました。
本当のことを話してもらって、樹生を直ちに救護しなかったその行為について、心から反省してほしいと思います。一刻も早く樹生の命を助けてほしかったと思っていますし、(被告が)こういった主張をしているということも樹生のお墓に報告して、被告に反省の機会が与えられる判決となるように見守ってほしいということを伝えたい

裁判後に取材に応じる両親(長野市 2022年6月15日)

裁判の争点は…

今回の裁判の争点は、池田被告の行動が「ひき逃げ」に当たるかどうかだ。
検察側は午後10時7分に事故を起こし、一旦、車から降りたが、樹生さんを発見できずにコンビニエンスストアに行ったとしている。この間に友人に電話したが、警察や消防に通報はしていない。コンビニで飲酒運転を隠すための口臭防止剤を買って飲んだあと再び、10時13分に現場に向かったという。
警察への通報は10時14分ころ、通行人の男性からだった。こうした行為がひき逃げに当たるとしている。

検察側、被告側の主張

一方、被告側は一度現場を離れたことは認めたものの、再び戻って救護したと主張。ひき逃げには当たらないとしている。

事故現場(長野県佐久市 2015年)

次の公判は7月5日。被告人質問が予定されている。被告が何を語るか注目される。

(長野放送)

記事 681 長野放送

長野の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。