長野・小谷村を中心に人気上昇中の「出張焼き鳥」。営んでいるのは「やきとりくん」の愛称で親しまれている男性。小谷に移住し、今、農業と焼き鳥の二刀流で奮闘している。

出張焼き鳥で「焼き立てをどうぞ」

モクモクと上がる煙の中、焼き鳥ができあがっていく。

記者リポート:
おいしそうな焼き鳥が焼かれているのは、店舗ではなく外、民家の前なんです。どこでも焼き立ての焼き鳥が食べられる、出張焼き鳥販売なんです

長野県小谷村 北小谷
この記事の画像(16枚)

ここは新潟県との境にある小谷村北小谷。田植えの合間のランチタイムに、住民が「焼き鳥」を味わっていた。

住民:
焼き立てで、柔らかくておいしいです。
(Q.みんな、なんて呼んでいますか?)
やきとりくん

住民:
やきとりくんが出張でここまで回って来てくれて、すごいうれしいです

「やきとりくん」こと井上聡也さん(40)。2020年からこの「出張焼き鳥販売」をしている。

井上聡也さん:
その場で焼いて、すぐに食べてもらえるので、一番いい状態で食べてもらえる

井上さんは今、農業と焼き鳥の二刀流の生活を送っている。井上さんは大阪市の出身。

井上聡也さん:
僕は大阪市の、家とか工場しか周りにないところで生まれ育ったので、田んぼとか畑とかそういう仕事に興味があって

大学卒業後、すぐに農業の道に進もうと思い、「就農」の説明会に参加すると…

井上聡也さん:
農業って経営だから、そんな簡単にできるものじゃないって言われて

提供写真

ならば、まず「経営」を学ぼうと思い立った井上さん。たまたま見つけた、名古屋にある大手焼き鳥店の店長職の求人に応募した。ここで井上さんは、経営のノウハウを学ぶだけなく、「技」も身に付けた。

井上聡也さん:
自分に向いていたみたいで、社内で大会があったんですよ、焼く技術を競う。そこで1000人くらい出場し、(10人がいける)全国大会まで行った

店長を9年務めた後、いよいよ農業を始めようと移住先を探した。

井上聡也さん:
農業するなら長野県でやりたいなって思っていて。スキー場で店を出して、冬は焼き鳥屋さん、夏は農業っていう生活もいいかな

地域おこし協力隊となり移住(提供写真)

タイミングよく、スキー場もある小谷村で「地域おこし協力隊」の募集があり、隊員となって移住した。

井上聡也さん:
最初のあいさつで「前の仕事で焼き鳥やってました、得意です」って言ったら、「やきとりくん」って名付けていただきまして、(任期の)3年を使って地域にも溶け込めるかなと

提供写真

協力隊員として、名物の「雪中キャベツ」や「おたり野豚」などを育てる傍ら、地域の祭りやイベントで焼き鳥を販売。任期終了後、出張焼き鳥販売「やきとりくん」をスタートさせた。

井上聡也さん:
個人の家とかにも呼ばれることがあったんですよね。他の所だったら受け入れられてなかった可能性もあるけど、快く受け入れてくれた

米、野菜、豚…「できるだけ自分で育てたい」

田植え

5月22日に井上さんが向かったのは、山あいにある水田。

井上聡也さん:
田植えです。年に1回、非常に大切な日です

井上さんは、延べ12アールの水田で米を栽培。農薬を使わない合鴨農法にチャレンジしている。

野菜も…

井上聡也さん:
今、3枚畑使わせてもらってるんですけど、去年、雪中キャベツとネギが、今2万本くらい、2週間前に植えました。このネギは得意の「ねぎま」として

他にトマトやオクラ、アスパラなどの野菜に、おたり野豚も…
「自分が焼く具材は、できる限り自分で育てる」それが井上さんのこだわりだ。

井上聡也さん:
そこでしっかり評価をいただけるので、「このネギ甘くておいしいね」と言ってもらえる。すごいやりがいはあります

「なくてはならない」村民に人気

井上さん自慢の焼き鳥は、毎週水曜に「小谷名産館」の前で販売している。
うまく焼くコツは…

井上聡也さん:
炭を火力をマックスにして、できるだけ強火で素早く焼くことです。焼きすぎないように。焼きすぎると、ぱさぱさしちゃうので

自慢のタレは…

井上聡也さん:
継ぎ足し継ぎ足しの“秘伝のタレ”。火事になったら、抱えて逃げる(笑)

徐々にファンが増え、500本用意する串は毎週、ほぼ完売だ。

(Q.よく来ますか?)
客:
毎週!すごくおいしいの!どこより負けない。いいですよね、田舎にこんなのできると

客:
(デイケア施設の)帰りに寄るの。都合いいよ、私ら高齢者には、私もう90歳だよ

客:
これから孫と一緒に食べます。
(Q.どんな存在?)
なくてはならない存在になってます

営業の合間にも…

常連客・横沢葵さん:
ちょっと相談なんですけど、今月28日って予定ありますか?

常連客から出張の依頼です。

常連客・横沢葵さん:
田植えの時、焼き鳥、焼いてくれないかと(お願いしたい)

28日、出張当日。依頼をしたのは横沢さん一家。この日は、親族と知人総出の田植えだ。

常連客・横沢葵さん:
田植えで、親戚とかいっぱい来ているので、やきとりくんを呼んで楽しく焼き鳥をつまもうと

みんなが田植えをする間、井上さんは焼き鳥の準備。

焼き立てを味わう

お待ちかねのランチタイム。

井上聡也さん:
できましたー!ささみでーす

田植えを手伝った親戚と知人:
お、やわらけ

田植えを手伝った親戚と知人:
焼き立てはおいしい

井上聡也さん:
やっぱ、持ち帰りとは違うでしょ?

田植えを手伝った親戚と知人:
違うね、全然

田植えを手伝った親戚と知人:
買ってきて冷えているものを温めるんじゃなくて、そこで焼いてくれているので、柔らかい

田植えを手伝った親戚と知人:
ネギ、おいしいです。すごく良いことだと思います。小谷の食材で、すぐおいしく作ってくれて

依頼した横沢さんは…

常連客・横沢葵さん:
外で焼き鳥食べられて、皆さん喜んでますし、またこういう機会にお願いしたいと思います

小谷で実現できた農業と焼き鳥の二刀流生活。受け入れてくれた地域の人たちのため、井上さんの奮闘は続く。

井上聡也さん:
僕はこの村が好きなので、すごい感謝しているし、恩返しをしたいと思っています。いろんな人に呼んでもらい、僕の焼き鳥を食べてくれる人が一人でも増えてくれるよう頑張りたい

(長野放送)

記事 681 長野放送

長野の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。