4日、ロシア外務省は日本への報復措置として、岸田首相を含む日本人63人のロシアへの入国を無期限に禁止すると発表しました。
63人の中には、岸田首相や松野官房長官、林外務大臣ら閣僚のほか、衆参両院議長、与野党の関係者、読売新聞グループ本社主筆の渡辺恒雄氏や産経新聞社の飯塚浩彦社長らメディア関係者、筑波学院大学の中村逸郎教授ら、学識関係者も含まれています。

今回の発表に伴い、ロシア外務省は「岸田政権は前例のない反ロシアキャンペーンを展開し、
ロシア経済と国際的な権威を損なう措置を講じている」として、日本を批判しています。

「政治は断絶でも経済交流は保ちたい」リストに透けるロシアの本音

この記事の画像(3枚)

筑波学院大学 中村逸郎教授:
私はこれまで、プーチン政権について色々言ってきましたが、本当の事を言いすぎてしまったのかなと思っています。
やはり、ロシアでは私のように外国に住んでいても、本当の事を言ってしまうとこういったリストに載ってしまう。もちろん、私以外にも日本国内で、プーチン政権に対して非常に厳しい意見を言っている人がいますが、そういった人がリストにいない。載る、載らないの判断がどこにあったのかはわかりませんが、私が載ったということは、一つの見せしめというようにいうことが出来ると思います。
ただ、今回経済界の人がほとんど掲載されていませんので、政治的には非常に断絶の方向にいきますけど、ロシアからすれば日露の経済交流はなんとか保っていきたいと一定の配慮をしているのかなと思っています。

入国禁止リスト入りに中村教授「思わず乾杯してしまった(笑)」

立岩陽一郎氏:
面白いのは、国会議員はわりと、まんべんなくリストに入っていますが、メディアなんですよね。メディア関係者が、産経新聞だったり、読売新聞だったり、産経新聞などある種、保守的な論調を掲げているところを狙い撃ちしているような感じがします。
ロシアはこういうところに過剰に反応しているというのが面白いですが、メディア関係者からすると、ある種の名誉だったりもするので、そこまでマイナスではないのかと私は思います。

天然ガスの供給停止をちらつかせたり、入国禁止を発表するなど、西側陣営に対して揺さぶりをかけるロシア。

筑波学院大学 中村逸郎教授:
ちょうど、モスクワに住んでいる日本人ジャーナリストから連絡が入ったんですよ。その時家族で食事をしていたのですが、思わず乾杯してしまいました。リストに入ってよかったなということで。

(めざまし85月5日放送)

めざまし8
めざまし8
記事 472