愛媛・西条市は、「住みたい田舎ランキング」で3年連続全国1位に選ばれている。
そこで、実際に西条に移住した人たちと春を探してきた。

東京から家族5人で移住のフォトグラファー

中島佐知子さんは田舎暮らしへの憧れから、2020年に家族5人で東京から西条市に移住。

この記事の画像(20枚)

「家族の日常を将来に残したい」と依頼を受けて家族のもとに出向く、出張撮影を中心に活動しているフォトグラファー。

名護谷希慧アナウンサー:
あの辺り結構咲いてますね、白梅が。どういうふうに撮るのがいいんですか?

中島佐知子さん:
ここの部分が日に透けてきれいだなとか、この枝の伸びる感じが空に映えてかっこいいなとか、自分の中でテーマを持って撮ってみると

名護谷希慧アナウンサー:
枝だけ、ここだけ切り取って撮ってみました

中島佐知子さん:
あっ、かっこいい。梅の枝って色が濃くて、主張が強いなって思うんです。なので枝の形をいっぱい入れてあげるとかも

名護谷希慧アナウンサー:
いい景色ですね

中島佐知子さん:
この景色すごい気に入って、こういう所に住めたらいいなって

中島さんは、もともと東京でシステムエンジニアとして多忙な日々を送ってきた。

中島佐知子さん:
本当、最初は自分のためというか。不思議なことにカメラを持って世の中見てるとおもしろいこととか、きれいなこととかが目に飛び込んでくるようになって。忙しいだけの毎日と思ってたけど、なんか捨てたもんじゃないんだみたいな気持ちになって。それがすごい救いになって

名護谷希慧アナウンサー:
公園にやってきました

中島佐知子さん:
普段、人物撮影がメインなので、きょうは私のお客さんにモデルとして来ていただいているので

髙橋久子さんと侑愛ちゃん(2歳)はこれまでに2度、中島さんに家族写真を撮ってもらっている。

中島佐知子さん:
私も子どもがいるんですけど、自分の経験も生かしながら、おかあさんと同じような目線でいられるのがわたしの特徴でもあると思うので。よく言ってもらえるのが、「子どもがこんないい表情してたんだ」とか「私もこんな楽しそうに普段子どもと過ごしてるんだ」とか。日常に根差した撮影をお受けできたらいいな

名護谷希慧アナウンサー:
(写真を見て)すてき!いい顔!

“メインはがんもどき”珍しいランチメニュー展開するカフェ

続いて、中島さんも好きだというカフェ「くらしとごはんLIKKLE」に伺った。

営むのは 中島さんと同じく東京から移住してきた櫻井啓太さんと妻の明日香さん。

名護谷希慧アナウンサー:
これ、ランチのメニューなんですが、主菜メインは「肉・魚・がんもどき」の中から選ぶんですって。がんもどきってメインになるんですね

がんもどきがメインの何とも珍しいランチ。

名護谷希慧アナウンサー:
お野菜いっぱいで彩りがいいですね。で、がんもどき。想像していたより大きくて、ボリュームがあります。おだしもたっぷりでおいしそうです

「自家製がんもどき」は、お客さんの実に7割が注文するという看板メニュー。

栄養士の啓太さんが西条のうちぬきの水を使って、昆布やカツオ、サバにイワシなど7種類のだしをブレンドして作った特製のあんかけにからめていただく。

名護谷希慧アナウンサー:
ふわっふわ!口の中で溶けていくような柔らかさです。おだしがおいしい。優しいけど、しっかり味があって、これはメインになりますね

櫻井啓太さん:
こちらががんもどきの元ですね。山芋をいれることで、ふわっとさせるがんもどきですね

名護谷希慧アナウンサー:
その量は研究されて?

櫻井啓太さん:
そうですね、ちょっと企業秘密なんですけど(笑)愛媛県産の大豆を使ったお豆腐を使用しています。どんどんお豆腐屋さんの数が少なくなっているんですけど、自分たちががんもどきを作っていくことで、何かお豆腐の起爆剤になるような盛り上がりが生まれてくるといいなと。

おいしいのはもちろん、地域を支えたいと研究を重ねてきた味。

オープンから約7年、四国中央市の麦みそや新居浜のお酢など調味料にもこだわり、身体が喜ぶごはんを作り続けている。

櫻井啓太さん:
ひとつひとつ、丁寧なごはんを提供していきたいなって思っているので。自分たちの手作りでお客様に喜んでいただけるように、で、元気になっていただけるように心掛けて作っています

(テレビ愛媛)

テレビ愛媛
テレビ愛媛
メディア
記事 333