フィギュアスケートの羽生結弦選手(27)が、あらためて14日の会見後に語り、4回転アクセルについて「完璧」という言葉を使って振り返った。

羽生結弦選手:
自分が今まで大切にしてきたアクセルの幅とか高さとか、そういったものは完璧に、羽生結弦のアクセルだった

この記事の画像(3枚)

フジテレビのインタビューに、こう語った羽生選手。4回転アクセルは転倒したが、「完璧」という言葉を使った。

そこに至る過程で見つけたのは、9歳のころの自分だったという。

羽生結弦選手:
世界ジュニアとか、そういう映像を見返してみると、すでに今の僕のアクセルの形になっちゃっているんですよね。「あぁ、こいつだったんだ」と思って、だから、なんかそれがまた不思議だなと。

ーーー9歳の羽生選手は、今どんな言葉をかけている?

羽生結弦選手:
なんか初めて「うまいね」って、言ってもらえた気がするんですよね。「かっこよかったじゃん」って言ってくれてる自分がいるので、頑張ってきて良かった