岸田首相は13日、「オミクロン株」の濃厚接触者の待機期間の見直しについて「必要に応じて対応していくことも考えていきたい」と述べた。

新型コロナの感染が急拡大する中、「オミクロン株」に感染した人の濃厚接触者は現在、自宅などで14日間の待機が求められている。
一方で、医療従事者が感染したり濃厚接触者になって休職するケースが出ており、待機期間などの見直しを求める声があがっている。

岸田首相は13日、東京都内で記者団に対し、「専門家から意見を聞く中で、感染が急拡大した場合に医療や介護などの現場も含め、社会機能が維持されることが困難にならないよう工夫していかなければいけないという指摘がある」と述べた上で、濃厚接触者の待機期間の短縮について「必要に応じて対応していくことも考えていきたい。具体的にどうするかは、柔軟な対応を引き続き検討していきたい」と述べた。