待ちに待った人の大行列 老舗がリニューアル

名古屋市千種区に長年愛されてきた食堂がある。この店が建物の建て替えを終え、約1年半ぶりに再開した。グランドオープンの日にはボリューム満点の名物・大盛カツ丼などを求め、朝から常連客で行列となった。

この記事の画像(27枚)

千種区覚王山の参道で大正2年(1913年)に創業した「玉屋」は、家族で営む“大盛の店”として親しまれてきた。

初代の斎藤文次郎さんが、昭和40年代に近所の学生に腹いっぱい食べさせたいと、ご飯を2合分使った大盛を考案。

カツが別皿にのせられた看板メニュー「カツ丼」のご飯は、大盛りで約1キロとボリューム満点だ。2020年8月にいったん店を閉じていた玉屋が、2021年12月10日にリニューアルオープン。

男性客A:
おいしいですね。1年半ぶり

女性客A:
すごく染みていますよね

待ちに待った人たちで、外には大行列ができていた。

看板の「カツ丼」苦渋の値上げ…油や小麦粉などの値上がり受け

「玉屋」の“看板娘”の女将の斎藤千寿子さん(70)。

玉屋 斎藤千寿子さん:
「お母さんがいないと寂しい」って、若い人でも年寄りも言って下さるから、頑張らんとね

老朽化でいったん店を閉じている間も、常連さんから再開を望む声が寄せられたという。今回、満を持してのリニューアルだが、悩みもあった。

玉屋 斎藤千寿子さん:
油と小麦粉が上がって…

原材料の高騰により、定番のカツ丼は820円から900円へ値上げすることを決めた。

以前は普通盛りにプラス180円でやっていた名物の「大盛」については、学生たちにお腹いっぱい食べてほしいと始めたメニューだけあり、値段はまだ検討中だった。

厨房では親子で仕込み 4代目が立派な跡取りに

プレオープンの12月6日。厨房では、朝から3代目の斎藤隆敏さん(72)と4代目の拓哉さん(43)が親子で仕込みの真っ最中。玉屋では、昆布や煮干しは使わず鰹節だけで出汁を取っている。

玉屋3代目 斎藤隆敏さん:
7年くらい前、私が倒れてからは(拓哉が)。私、入院しとったもんで

10年前に会社員を辞め手伝いに入ったばかりだった息子・拓哉さんも、今や立派な跡取りとなり貫禄もついてきた。

玉屋4代目 斎藤拓哉さん:
小さい頃からずっと見ていましたから。目で見て覚えていましたね

新店舗では文明の利器の力も借りることに。新しく導入したスライサーでキャベツを千切りにしてみたが、カバーが装着されておらずキャベツが飛び散ってしまった。慣れない機械に苦戦しながら、お客さんを迎えた。

待ちに待った常連が続々 1年4カ月ぶりに名物「カツ丼」を堪能

プレオープンでは、メニューも客数も制限しての営業だ。迷っていた大盛の金額は決まったのだろうか…?

玉屋 斎藤千寿子さん:
大盛りは、お客さんに一回聞いてみます

午前11時半にオープン。お客さんの第一号は、20年以上通う近所の生花店の男性だった。注文したのは一番人気の「カツ丼」。大きく分厚いカツを揚げたら、出汁をたまり醤油とザラメで味付けした汁で煮込んでいく。

溶き卵を入れてとじた名物の「カツ丼」(900円)は、リニューアルしても健在。ご主人は1年以上休んでいたこともあり、客の感想が気になるところ…。

玉屋3代目 斎藤隆敏さん:
(味は)本当のこと言ってもらわなあかんよ。1年4カ月ぶりだで

常連の男性:
ちょっと味濃くなった?辛くは無いけど…

玉屋 斎藤千寿子さん:
おいしいでしょ

その後も次々と近所の人たちがやってきた。

男性客B:
待ちに待った。ちょっと長かったですね

男性客C:
この辺は食堂が無いでしょ。待ちかねてたんじゃない。よそで食べても食べた気がしないもん

皆さん、おいしくてボリューム満点のメニューを待ち焦がれていたようだ。

決めかねていた大盛の値段 常連に相談しプラス300円に決定

店の向かいの団子店の親子もやってきた。お母さんは大盛りの値段について相談した。

団子店の男性:
(値上げは)一気にいった方がいいと思う。刻んで上げるよりは、やるときは一発だって

女性客B:
足して1200円でもいい

ボリュームとお値打ちを売りに長年やってきただけに、大盛の値段設定に最後まで悩んでいた女将だったが…。

玉屋 斎藤千寿子さん:
決まりました。プラス300円です。お客さんに納得していただいて、300円に

常連さんのおすすめもあり、大盛りは普通盛りにプラス300円の1200円と、赤字にならない金額にした。

常連客「泣けてきそう」 名物大盛メニューが完全復活

12月10日、いよいよグランドオープン当日。長年愛されているお店は、朝から大行列となった。建物こそ新しくなったが、暖簾をくぐれば懐かしい空気が。皆さんお好みのメニューを注文し、久しぶりの玉屋の味を楽しんだ。

35年前から通う男性客:
言葉でないですね。泣けてきそうです。待っていました

一方、初めて訪れたという人はボリュームに驚いていた。

女性客C:
ちょっと予想外。めちゃめちゃ大きいですね

女性客D:
知ってて私は“小”にしました

玉屋のご飯のサイズは、少々(200グラム)、小(300グラム)、普通(500グラム)、大盛り(1キロ)の4段階。リニューアルを機に、プラス300円と以前より120円値上げした大盛を完食した男性は…。

玉子丼 大盛を注文した男性客:
(大盛プラス300円は)安いと思いますよ。達成感がありますね

その後も「カレーうどん定食 ご飯大盛」など、大盛メニューが次々と出ていった。

玉屋 斎藤千寿子さん:
ありがたい。「待っとったよ、待っとったよ」ってその言葉だけで、疲れが無くなりました

参道で愛される食堂「玉屋」、1年4カ月ぶりに完全復活だ。

(東海テレビ)