この記事の画像(12枚)

“これぞ名古屋”な返礼品を800点追加

2021年も残りわずか、この時期に駆け込みで申し込みが増える「ふるさと納税」。これまで人気がなかった名古屋市が、ついに本気を出した。街の魅力を集めた返礼品に人気が集まっている。

名古屋市内にある「ジュラシックアカデミー」オーナーの木澤大祐さん。「ジュラシック木澤」の名で30年にわたり活躍し、2021年の日本選手権でも表彰台に上った、ボディビル界にこの人ありというレジェンドだ。

そんな木澤さんが新たに始めたのが…。

ボディビルダーの木澤大祐さん:
名古屋市のアピールになるかなということでふるさと納税を。なんか面白いんじゃないのというところで、申請したら通ったので

2021年11月から名古屋市の「ふるさと納税」の一つに加わったのは、パーソナルトレーニング。70分間、ジュラシック木澤さんに付きっ切りでトレーニングしてもらえる。

すでに30件ほどの申し込みが入り、その世界ではたちまち話題になった返礼品だ。

ボディビルダーの木澤大祐さん:
トレーニング界では、うちが名古屋市の名所みたいになっているところもあるので、返礼品で来ていただければ、来る方もさらに増えていいのかなと

しかし、これは名古屋市の逆襲の一例にすぎない。

ふるさと納税は自分が住む自治体には寄付はできないが、リニューアルされた名古屋市のホームページを見てみると、名古屋の代名詞となる返礼品がずらりと並び、全国の人が見てもピンとくるものばかりだ。

これまで関市の「包丁」や松阪市の「すき焼きセット」など、東海地方でも地域の特色を生かした魅力的な返礼品がある中、名古屋市は名古屋城の入場券や水道水など「ハテナ?」なものが多かった。

招いた結果が、2021年度の税の流出額全国ワースト2位。その額は106億円にも上り深刻な状況だった。

そこで、2021年10月から返礼品を大幅リニューアル。ひつまぶしや手羽先など、「これぞ名古屋」という約800点を追加したのだ。

名古屋市役所資金課の担当者:
半年間で(寄付額)2億円という見込みを立てていました。大変好評をいただいていまして、予定よりもはるかに多い金額が集まっています。年内には10億円に乗るといいなという勢いです

12月は年末の駆け込みもあり、1日あたり平均で2000万円ほどが集まっているとのこと。

名古屋市役所資金課の担当者:
年内に10億円に到達したとしても、流出106億に比べればまだ1割でしかないが、そこは取った取られたではなくて、10億円分の魅力が発信できたというように捉えています

バーミキュラとフルーツ大福が人気

注目を集める名古屋市の返礼品。中でも最も人気なのは、中川区のメーカー「愛知ドビー」が手掛けるバーミキュラのフライパンだ(24cm深型、寄付額6万8000円)

返礼品の申し込み数をランキングする「ふるさとチョイス」では、1位・3位・4位・6位と名古屋の返礼品の上位を占めている。

その中に割って入ったのが、千種区覚王山の「弁才天」のフルーツ大福詰め合わせ(6種、寄付額1万3000円)。フルーツ大福人気の火付け役となったスイーツだ。

名古屋市役所資金課の担当者:
名古屋の魅力を全国に発信していく、ここはすごく大事だと思っていますので、「名古屋のふるさと納税おもしろいぞ」となるよう、ご意見をいただきながら頑張っていきます

生きたオオグソクムシも!? 全国のユニーク返礼品

もちろん、全国の各自治体が名古屋の独走を黙って見ていてくれるはずもない。ますます多様化、先鋭化していく返礼品の中からユニークなものを見てみると…。

北海道紋別市の「オホーツク海の流氷5キロ程度」(寄付額1万円)。
どこにいてもオホーツクを感じることができるが、口に入れることはできず、何に使うのかは受け取った人次第。

長崎県西海市の返礼品は、無人島での宿泊券(寄付額13万5000円~54万円)。
まちに面した海に浮かぶ「田島」という無人島で体験する究極のアウトドア。テントや寝袋を貸してくれて、イカダ探検やドラム缶風呂などを体験できるとのこと。

兵庫県多可町からは「ご当地ヒーロータカゴールドになれる券」(寄付額100万円)。
1年間、ご当地戦隊ヒーローの隊員として、町内のイベント出演や町のPRのための活動ができる。「タカゴールド」には1年に1人しかなれないが、まだ申し込みはない。(12月22日現在)

そして、高知県室戸市の「活けオオグソクムシ3匹」(寄付額1万5000円)。

漁師町の室戸市は深海が陸から近いということで、深海300mから収穫した生きた「オオグソクムシ」を街の新たな資源として届けることに。主に食用で、おすすめの食べ方は素揚げ。エビやカニに近い味だという。

これらの返礼品に対抗すべく、名古屋市ではこれからもさらに返礼品を増やす予定。「ナゴヤの逆襲」は始まったばかりだ。

(東海テレビ)