パリパリ食感とほどよい甘みが特徴…カレー専門店が作る「りんごあめ」

この記事の画像(20枚)

愛知・安城市に、シャキシャキの甘いりんごとパリパリの飴が人気の「りんごあめ」の専門店がある。このお店は、カレー専門店を経営している女性が2021年8月にオープンした。
チョコレートにココナッツパウダー、そして抹茶など…。様々なフレーバーのりんごあめが揃うこのお店は、幅広い年代の人たちで賑わっている。

愛知・安城市のJR安城駅から歩いて5分の場所にある「OHANA CURRY(オハナカリー)」。

午前8時過ぎ、店の厨房ではオーナーの三宅梓さんがカレーの仕込みをしていた。

看板メニューの「オハナカレー」(880円)は、牛スジをじっくり煮込んだピリッと辛いスパイシーカレーだ。

カレーの仕込みが一段落したところで、りんごあめの準備を開始。使うりんごは、青森のりんご農家から直接仕入れている。

三宅梓さん:
りんごあめって、材料が少ない分シンプルな食べ物なので、りんごも新鮮で甘くておいしいものを使うように

青森から取り寄せた「シナノスイート」。歯触りがシャキシャキで甘みがしっかりしているのが特徴で、飴との相性が抜群。串を刺したりんごをくるりと回したら、ミリ単位の絶妙の厚さで飴をコーティングする。

気温や湿度を考慮して砂糖や水の配分なども調整している。この飴の薄さが、パリパリとした食感の決め手となる。

赤くキラキラと輝く1番人気の「プレーン」(500円)は、まるで宝石のよう。飴のパリパリ食感とほどよい甘みが、りんごの酸味とよく合っている。

イタリア産のビターチョコレートをたっぷりかけた「チョコレートがけ」(600円)に、「西尾抹茶」(600円)。

シナモンをまぶした「シナモンシュガー」(600円)や「ホワイトチョコ」(650円)など様々なフレーバーが揃っている。

「インスタ映えに」「お祭り気分で」…りんごあめを求める人たちの理由

午前11時に開店。早速、お客さんがやって来た。

女性客A:
インスタで有名になっていて、来たいなと思って…。すごくおいしかった

女性客B:
全部食べたいです。選べないです

女性客C:
いろいろチョコとかあってよかったです

もちろんメインは女性だが、中には4種類購入する男性の姿もある。

名古屋から来た男性客:
あめも甘すぎることもなくて、りんごがシャキシャキしていて美味しかった

さらに、こんな人も…

女性客D:
子供が好きなので、今年お祭りなかったし、食べたいなって

男性客B:
お祭りで、屋台で買うというイメージですね

お祭り気分を味わいたいという声もあり、幅広い年齢のお客さんがやって来る。りんごあめは子供でも食べやすく、友達同士でシェアもできるように一口大にカットするサービスも行っている。

「りんごあめ始めてよかった」カレー店を営みながら専門店開いた女性

カレー専門店が「りんごあめ」を始めた理由は、新型コロナだった。

三宅梓さん:
このまま(カレー店を)続けていって、先が見えなかった部分も…。カレーに元々りんごを使っているんですけど、スタッフが疲れた私におやつで(りんごあめを)作ってくれたんです

三宅さんは、キラキラのりんごあめにワクワクする気持ちが湧いてきたという。そこで、使うりんごの種類や、飴のコーティングの仕方など試行錯誤。常連客に試食してもらったところ、「意外にカレーの後に合う」、「何十年か振りに食べた」など肯定的な意見が出た。

試食した人たちの笑顔に手応えを感じた三宅さんは、2021年8月に「りんごあめ」の販売を開始。見た目も楽しんでもらいたいと、フレーバーの種類を増やしたところ、その可愛らしさと美味しさから、お店はすぐに軌道にのった。

三宅梓さん:
りんごあめを始めてよかった。幅広い世代の方にお店に来てもらえるようになりましたし、カレー屋さんを今まで知らなかった方も、「カレーも食べられるんだ」って知ってもらえる方も増えました

モチモチっとした食感が楽しい…秋の新作「りんごグミ」

この秋の新作として考案したのが、グミを使った「りんごグミ」(700円)。

三宅梓さん:
飴がどうしても溶けやすかったので、改善できるものってないかなと…。試してよかったのがグミでした

飴の代わりに、溶かした味付きグミでコーティングした「りんごグミ」は、グミのモチモチっとした食感が楽しめるのはもちろん、飴よりも溶けにくいため持ち運びにも適しているという。

三宅梓さん:
(客が)色んなフレーバーを頼んでシェアしたり、楽しい時間が過ごせているのがうれしいし、もっと広げていけたら

カレー専門店が始めた甘い「りんごあめ」は、カラフルな見た目と味でたくさんのお客さんを惹きつけている。

様々なフレーバーのりんごあめを販売する「恋するりんご」は、JR安城駅から歩いて5分。

(東海テレビ)