コロナ禍となった2021年も、Twitter上でさまざまな投稿が話題となり、中には数万にも及ぶ人からリツイートされる“バズる”体験をした人もいることだろう。

ただ、“バズりたい”という願望はあってもそうなるのは一握りで「実際バズったらどんなことが待ち受けるのか」は経験したものにしかわからない。

新たな年を迎える前に、2021年のバズった投稿者に当時体験したことや、気になるその後を聞いてみた。

“命の恩人”になつく子猫が29.8万いいね!

カラスにつつかれていたところを救われた子猫が、命の恩人である父親になつく様子が、今年の4月に投稿され、話題となった。

カラスにつつかれてる所を親父が拾ってきたんだけど、めっちゃ好かれてて笑った

東京でアパレル会社「STONE&BONE」を営む山本さん(@turi2018)がコメントと共に投稿したのは、家族のグループLINEに送られてきたという広島に住む父親と子猫の様子。

床に座り新聞を読む男性の肩に、安定した様子で乗っている黒い子猫の姿が確認できる。

父親の肩の上でくつろぐ黒い子猫
この記事の画像(45枚)

この子猫は、山本さんの父親が3月5日、仕事の合間に路上でカラスにつつかれているところを保護したという。保護当時は体重約350グラムで生後1カ月も経っていなかったそう。

3月5日保護された時の様子

父親は「連れて帰るのはダメ」と家族に言われていたそうだが、仕事から帰宅までに子猫の引き取り手を探すも見つからず、致し方なく家に連れて帰ることにした。

そしてそのまま、家で飼うことになり、「ルル」と名付けられ家族の仲間入りすることとなった。

家族の仲間入りとなったルルちゃん

話題となった投稿は、そんな父親とルルちゃんの毎朝の日課の様子。新聞を読む父親の日課に合わせて、背中や肩などに乗ってくるのだそう。

ルルちゃんをどかすことなく好きにさせてあげている様子からは、父親の優しさと愛情が感じられる。ルルちゃんもそれを感じ、安心しているからこそ、ゆったりくつろいでいるのだろう。

ルルちゃんも安心しているのが分かる

この投稿にはTwitterでも「いやぁーかわいい」「“大好き”が伝わってくる」「お父様の優しさがあふれてます」といった癒された人たちの多くのコメントが寄せられ、12月下旬までに6万5000件のリツイートと、約30万件のいいね!を集めている。

(関連記事:「親父が拾ってきたんだけど」“命の恩人”になつく子猫の姿が可愛い…いつも一緒? 生活ぶりを聞いた

息子の山本さんはその後もルルちゃんと父親の日常を自身のTwitterで投稿しており、ネット上でも時折話題となっている。

拾われてから約半年後には、猫なのにお手をする様子が話題となり、生後7カ月のルルちゃんを再び編集部で取材。

「お手」を成功させるルルちゃん

ルルちゃんと父親のその後の関係を聞いたところ、毎朝一緒に新聞を読むだけでなく、朝2階で寝ている父親を起こし一緒に階段を下りてくることや、父親がパソコン作業をすると乗ってくるルルちゃんとの“パソコン上に乗る・下ろす攻防戦”をしたりと、日課が増えており、より絆を深めていることがわかった。

(関連記事:“命の恩人”になつく子猫がまさかの「お手」を習得!? 保護から半年たった今も相思相愛が継続中

父親とルルちゃんの絆は深まっていた

慌てて通知を切って、興奮しました

あれから3カ月が経過し、相思相愛の関係はどうなっているのか?また、バズったことでの変化はあったのか? まずは投稿者の山本さんに話を聞いてみた。

ーーなぜ新聞を読む父親とルルちゃんの姿を投稿したの?

大きな親父にちょこんと座っている子猫が微笑ましく、思わずその背景が伝わりやすい写真と文章をつぶやきました。


ーーこの父親とルルちゃん様子を見た時はどう思った?

この言葉があまり好きではなかったのですが、敢えて言いますと「ほっこり」しました。

拾われて数日のルルちゃん ぐっすり寝ている

ーーこれが過去1番にバズったツイートになるの?

過去に1000いいね!前後は時々ありましたが、現在も含めて過去一番です。

寝ている父親の上に乗るルルちゃん

ーーバズったと感じた日の様子はどうだった?

つぶやいた日は数百いいね!くらいだったと記憶しています。翌日の午前中から急激に伸び始めました。仕事仲間と「えっ何で!?」と慌てて通知を切って、興奮しました(笑)。


ーーその反響に対してはどう思った?

多くの温かいリプを読んで『親父と猫』のリアルシリーズを無理なく続けていこうと思いました。

父親に抱っこされるルルちゃん

ーーバズったことを伝えた時の父親や家族の反応は?

父親を含めた家族はピンときていない様子でした。特に父親は携帯も持っていない人間ですから…。

保護当時のルルちゃん

山本さんの家では、過去に犬を2匹・猫を1匹を飼っていた経験があったそうだが、ここまで父親になついた子はいなかったのだそう。
このツイートをきっかけに、それまで100人だった山本さんのフォロワーは急増し、今では7.7万人になっている。

息子から見た父親は「若返ったように思う」

ーーバズったことでの影響は何かあった?

家族LINEがより活発に動くようになりました。またTwitter上では、釣り人とのやり取り中心だったのが、垣根を超え、関わる事がなかったジャンルの方々とコミュニケーションを取ることが増えました。


ーー家族LINEでやり取りする父親の写真を見て、何か父親の変化を感じる?

面白おかしく笑う事があっても、コロナ禍で孫に会えず微笑む機会は減っていました。そこにルルが来たことで微笑む機会が増え、若返ったように思います。

左:4月17日撮影 右:11月9日撮影

ーールルちゃんと過ごす父親をどう思う?

定年後にこんなセカンドライフを親父も想像していなかったはず…。本当に良かったなぁと思っています。

そりゃあ可愛いです

息子の山本さんが「若返ったように思う」と話す父親だが、確かに写真をみると肌つやがよくなったように見える。

では、本人はどう思っているのだろうか?そして生後約9カ月となったルルちゃんと父親の現在が知りたい。山本さん経由で父親に話を聞いてみた。

ーールルちゃんとの様子が投稿されて話題となっていることを聞いてどう思った?

「なんでだろう?」「なんでこういうように人気があるのだろうか?」と思いました。


ーー現在のルルちゃんについて教えて。

最初(拾ってきた当初)は350gしかなかった体重が、今は3.7㎏になりました。毛並みはツヤツヤで馬のサラブレッドのよう。現在の性格はさみしがり屋で怖がり。大きな音には驚きます。人がいる所いる所と誰かしらのそばにおります。

美人な黒猫に成長している

ーー前取材では家の中の物を壊したりしないよう、怪我をしないよう、必ず誰かしらがルルちゃんのそばにいるとのことだが、現在も変わらない?

今も変わらずに私かお母さんが常に傍にいます。(ルル)ひとりで留守にしたことはないです。


ーー「朝起こしに来てくれる」「一緒に新聞を読む」「パソコンの上へ乗る下ろすの攻防戦」という、ルルちゃんとの日課は現在も続いているの?

今も同じで変わらないです。パソコンにも変わらず乗るし、新聞を読んでいると寄ってきます。朝も自分のご飯を食べたら私を起こしに来ます。そういった姿はそりゃあ可愛いです。

成長しても父親のそばが安心するのだろう

ーーSNSで話題となったことで日常に影響はあった?

特に影響はないです。


ーーでは、ルルちゃんと過ごすことで変化したことはある?

ルルが来たことで、家族とのコミュニケーションは増えたんじゃないか思います。

仰向けで寝るルルちゃん

拾って良かったなぁと思います

ーー「若返っているように思う」と息子さんが話しているが、それに対してはどう思う?

自分では(若返っているのかは)よう分からんです。そう言われるのは恥ずかしいですが、うれしいです。


ーーちなみに、前回の取材ではお座りを覚えさせているとのことだったが、できるようになった?

そういえばお座りはさせてないです(笑)。 最初は教えようとしましたが、自然に育ってもらえたらと気持ちが変わりました。

寝ている父親に寄り添うルルちゃん

ーー改めて、あの時ルルちゃんを拾ったことをどう思っている?

(拾って)良かったなぁと思います。大きくなったこの子を見て、「あの時拾っていなかったら、今のこの大きくなったルルはおらん」って思ったら、本当に良かったし、小さい命だったけれども、いま凄い元気でかわいくて、(ルルの)存在がすごく大きいです。

父親にとってルルちゃんは大きな存在になっているという

父親にとってのルルちゃんはどういった存在なのか伺うと「子ども、いや、孫のよう」といった答えをもらった。

そんな父親にとってかけがえのない存在となっているルルちゃんは、手足もスラリと伸び、体重も保護当時に比べ約10倍に増え、すくすくと成長を続けているとのこと。
 

左:保護した当時 右:成長した姿

今回の取材は山本さんに電話で父親に話を聞いてもらったのだが、電話で話している最中にも、ルルちゃんは電話で話す父親に寄ってきていたんだそう。父親の「かわいい」との言葉に反応していたそうで、山本さんは「かわいいという言葉がわかるよう」と話していた。

抱える大きさの差が分かる(左:保護した当時 右:成長した姿) 

着飾らないリアルシリーズ『親父と猫』を続けていく

最後にこれからもルルちゃんと父親の様子を投稿してくれるのか?投稿者の山本さんに聞いてみた。

ーールルちゃんと父親には今後どのように過ごしてほしい?

出逢った縁を大切に、健やかに楽しく幸せに過ごしてほしいです。


ーーちなみにまたバズってみたいと思う?

職場でワイワイと興奮したのは良い思い出です。またあのような経験をしたいです!

父親を見つめるまっすぐなまなざし

ーー今後もルルちゃんと父親の様子を投稿していく?

ありのままを母親が撮り、私がつぶやく。着飾らないリアルシリーズ『親父と猫』を今後も投稿していく予定です。


ーー今後初めてバズりを迎える人へアドバイスをどうぞ。

私はバズる前のアカウントでは見られなかった世界を見ることが出来ました。“Buzz World ”は実在しました(笑)。その世界と交わる事で、考え方や生き方にも影響しました。これからバズりを迎える方にも、不思議な数日を楽しんでほしいです。

ルルちゃんをなでて笑顔あふれる父親

残念ながら山本さん自身はコロナの影響もあり、まだ実際にルルちゃんに会えていないのだそう。今年の年末年始こそ配慮しながら帰省を試みると話していた。

山本さんが会った時はどういった反応をしてくれるのか

カラスにつつかれていたところから命を救われたルルちゃんは、そんな災難を乗り越え素敵な家族を手に入れ、幸せな日々を過ごしているようだ。そして、それはルルちゃんだけでなく父親にとっても同じで“若返っている”と周囲が言うほど、日々が充実しているのではないだろうか。

これからも毎日の日課を共に過ごし、さらに絆を深めていってほしい。