かまれると筋肉痛や頭痛などの症状 命の危険も

愛知県一宮市の小学校の校庭で9月、毒を持つ「セアカゴケグモ」が見つかった。セアカゴケグモの特徴と、見つけた時の対処法について調べた。

一宮市によると9月21日、市内の小学校の校庭で休み時間に遊んでいた児童が、鉄棒の支柱に特定外来生物のセアカゴケグモがいるのを見つけた。見つかったのはオスとメスの成体2匹と卵2個で、教員が駆除した。

この記事の画像(8枚)

一宮市では7月にも別の小学校でメスの成体などが見つかっていて、学校では見つけても触らないよう指導している。

セアカゴケグモはオーストラリアを中心に分布する毒グモで、特にメスの毒性が強く、その名の通り「背中が赤い」という特徴がある。

攻撃性はないものの触ると噛まれることがあり、筋肉痛や頭痛などの症状が現れる。国内での死亡例はないが、命の危険もある。(国立環境研究所・東京都環境局より)

日本ではこれまで、全国45の都道府県で確認されている。愛知県では2005年に中部国際空港の敷地内で初めて発見されたが、東海3県にどれほど広まっているのか、各県庁に伺った。

愛知では西部を中心に広がっていて、報告数が増えすぎて処理が追い付かず、2016年から統計をとるのをやめているとのこと。

岐阜では岐阜市を中心に南部で確認され、令和に入ってから2年半余りで、報告件数が100件を超えた。三重は北中部を中心に、ほぼ全域に広がっている。

人目に付きにくい暗い場所を好むため根絶が難しい

広がった理由について、有害生物に詳しいモリ環境衛生センターの森重樹さんは、海外から港に着いた輸入物資にセアカゴケグモが紛れ込み、トラックで各地に運ばれ、内陸にも現れるようになったと考えられると話す。

ベンチの裏や自動販売機の下、住宅ではブロックやフェンスの隙間、エアコンの室外機の下など、人の膝より下に巣を作る習性があり、一般的なクモより下にいることが多いとのこと。

繁殖能力は在来のクモと比べても強くはないものの、暗い所を好む習性があり、人目に付きにくく根絶が難しいので、少しずつ増えているという。

もし見つけた場合には、絶対に素手で触らないこと。そして、一般的な殺虫剤で駆除することができる。しかし、セアカゴケグモの卵(正式には「卵のう」)は頑丈な袋状になっているため、殺虫剤が効かない。卵は二重にしたビニール袋に入れ、潰して廃棄すれば駆除できる。

東京では、「殺人アリ」とも呼ばれるヒアリが発見されニュースになった。尻にある毒針で刺されると焼けるような痛みがあり、海外では死亡例もある。一度定着すると根絶が困難といわれている。

日本でも2017年以降、18の都道府県で確認されていて、2021年も東京や大阪で1000匹以上が確認されている。

東海3県では特に名古屋港を中心に見つかっていて、2020年は女王アリを含めて1700匹以上、2021年も8月に数百匹が確認された。

(東海テレビ)