ボトルの外側にできる水滴が爽やかさを演出…1番人気は「ストロベリーミルク」

名古屋市天白区の八事駅近くに2021年6月、“缶ボトルドリンク“の専門店「Cafe Stand NATSUME」がオープンした。

製菓の専門学校や洋菓子店を経て開業した22歳の女性は、「地域で愛される店にしていきたい」と目を輝かせている。

この記事の画像(9枚)

名古屋市天白区の八事地区。周辺には名城、中京、南山といった私立大学が集まる学生の街であり、愛知県屈指の高級住宅街でもある立地だ。

市営地下鉄の八事駅から徒歩9分ほどのところにオープンした「Cafe Stand NATSUME」は、プラスチックのボトルに入れたドリンクを、専用の機械で缶の蓋をする「缶ボトルドリンク」の専門店。

透明なボトルを使って、鮮やかな炭酸系や、色のグラデーションがきれいなミルク系のドリンクが「SNS映え」すると、東京などでも人気を呼んでいる。

ボトルの外側にできる水滴が爽やかさを演出していて、暑い夏にピッタリ。

「NATSUME」は、缶ボトルドリンクの可愛らしさに魅了されたオーナーの高木なつめさん(22)が、ぜひ愛知県でも広めたいと、6月29日にオープンした。

メニューはレモネードやアイスコーヒーなど、20種類。

それぞれサイズはS,M,Lがあり、価格は200円から720円。

コーヒー以外のドリンクは、どれも高木さんが考えたオリジナルで、1番人気は「ストロベリーミルク」。

高木さんのおすすめは、こだわりの豆を仕入れている「アイスコーヒー」。

春日井市出身の高木さんは、専門学校を卒業後、岐阜・多治見市の洋菓子店に就職し、2020年3月に退職。資金は貯金や銀行からの借り入れで集め、夢を叶える場所に学生が多い八事を選んだ。

現在はテイクアウトが中心だが、近いうちに軽食も用意してイートインの準備も進めている。

高木さんは、「ドリンクの楽しみだけでなく、毎日来たくなるような地域に愛されるお店にして、長く続けていきたい」と目を輝かせている。

「Cafe Stand NATSUME」は、午前9時から午後6時までの営業で、毎週火曜日が定休日。

(東海テレビ)